カーブドッチ・ワイナリーへ!コテアコテの美味しい自家製酵母パン

シェアしてね!

新潟市の角田浜海岸近くにある新潟のワイナリー、カーブドッチ・ワイナリーへ立ち寄ってみました。寺泊にあるカフェウィングからほぼ一直線で行けます。海岸線をドライブできたのでとても気持ちがよかったです。

[clink url=”http://niigatalife.com/2017/02/21/cafewinds/”]

さてカーブドッチとは何でしょうか?実は初めて中に入るのでドキドキワクワク。

カーブドッチ・ワイナリーとは?

新潟でワイナリーがあるというのはちょっと珍しくも感じます。やはり定番なのは日本酒なので、敷地に広がるぶどう畑はとても新鮮な光景でした。目の前には角田山があり、海の風も感じることができる場所です。

「落のワイン蔵」を意味するカーブドッチですがここにはワインを中心にお料理を始め、スパやエステに宿泊施設までも備えた癒しの場にもなっています。

車で入ってみると、広がるぶどう畑の中にいくつもの建物があることがわかりその広大さに驚きます。この日はとても気温の低い日でしたけどたくさんの人でにぎわっていました。県外からの観光客も多く来られているようです。

敷地内を散策してみよう

入口にそびえ立つ大きな建物は温泉、レストラン、宿泊施設を備えたもの。このほかにもヘアサロンやスパ、写真スタジオも入っています。エステ付き宿泊コースは女性にとって最上級の癒しではないでしょうか。いつか泊まってみたいです。

このカーブドッチホールのほかには、醸造場や樽蔵・地下セラーを備えたものやワインショップ、レストランやカフェ、雑貨や食品などのショッピングが楽しめるラインナップとなっています。

どの建物も味がある

コテアコテマルシェへの通路です。ガラス張りの建物と中の雰囲気がまるで外国に来たような感覚に。

建物は洋風のようですが屋根は瓦張り。和洋折衷が素敵です。

雪が降って来たのでどこかへ入ろう…とそこに現れたのがこちら。

ごとらって&パンデパン

ごとらって」はジェラート屋さんで、「パンデパン」はその名の通りパン屋さんです。

▼ジャージー乳のジェラート

ラムレーズンとストロベリーのジェラートです。家族が食べていましたが、さっぱりとしているけどフレッシュさがとても美味しかったとのこと。

天然酵母の石窯焼きパンを購入

パンデパンから香ばしいいい匂いがたまらなくなり、パンをお持ち帰りすることにしました。

左上からメロンパン、チョコチップの入ったパン、大きいのはアンチョビとベーコンのパンです。

▼アンチョビとベーコンのパンはスパイシー!

歯ごたえのあるパンの中にゴロゴロと入ったベーコン。パンの表面には黒コショウとアンチョビが効いています。これ、何も付けなくても美味しいのですが…

▼バジルオイルとの相性抜群!

バジルオイルを付けてみると、バジルの香りとの相乗効果もありとっても食べやすくなりました。これはワインにも合いますね。

▼オーソドックスなメロンパン

やや歯ごたえのある厚い層が特徴のメロンパンです。下のパンの方はフワフワでとても食べやすい味ですね。

▼とろけるプリンもお持ち帰り

プリン好きの息子は「とろけるプリン」を購入。車に揺られてちょっと片寄ってしまいました。

カラメルソースがトロトロで、プリン自体もまさにとろける~と言う感じだそうです。

今回はジェラートを食べてパンをお持ち帰りをしてみましたが、次回はレストランで食事がしてみたいなと思っています。日帰り温泉も利用してみたいですね。どんな景色が広がっているのか楽しみです。

カフェウィンズもこのカーブドッチ、どちらも女性客であふれていました。女子旅にぴったりのコースだと思います。たまには海岸線をドライブしてみませんか?

もちろん家族連れの方でも楽しめますよ。

情報

■名称:カーブドッチ・ワイナリー

■HP:http://www.docci.com/

■住所:〒953-0011 新潟県新潟市西蒲区角田浜1661

■電話番号:0256-77-2288

以上、ラー子でした!

シェアしてね!

SNSやっています

おすすめ記事