子どもと一緒にサッカー観戦を楽しむコツは?

「一度はサッカーの試合を観てみたい」新潟県人ならば目の前でアルビレックス新潟を応援してみたい!そう思うことはないでしょうか。

しかしまだ小さな子供がいる場合気になることがいくつかあるでしょう。実際に観戦をして思ったことを挙げてみます。サッカーについてはド素人なので温かい目で見守っていただければありがたいです!

わが家は小学生の子供がいますがこれまでに2度サッカーの試合を観に来ています。2度目はそう、4月8日に行われたVSガンバ大阪戦です!

アルビレックスがゴールした瞬間に立ち会えて大興奮!そのときの様子はインスタグラム(@niigatalife)にて多数投稿しちゃいました。

(選手の名前を出すとボロが出るのであえてここでは出しません!)

子供とサッカー観戦をしてみたいけど心配なこと

  • 長時間じっとしていられるのか
  • ほかのサポーターの邪魔にならないのか

私が不安になったことはこの2つでした。

サッカーの試合は前半45分と後半45分の約2時間行われます。当日はかなり混雑するので駐車場に止める時間を考えても早く入る必要があります。これに子供が耐えられるのかが未知な部分で不安でした。

サッカー観戦デビューは小学1年生でした

サッカーに興味がありそうだったので思い切って連れて行きました。その日は夏のナイター戦でした。

目の前に憧れのサッカー選手が現れたら興奮しっぱなしだろう…そんな私の思惑ははずれ、子供が発したのは「まだ終わらないの?」というKY(空気読めない)発言でした。

周りには熱狂的なサポーターがいる中その発言を聞かれてはいかん!ということになり、結局ふらふらと自動販売機の方へ行ったり試合を観ずにそのまま帰ることに…。

もちろん低学年の子やもっと小さな子でもちゃんと応援している子はたくさんいます!ただ「そこまで詳しくない」うちの子にはちょっと早すぎたようです。

高学年になった2度目は楽しめた!

このガッカリした経験からしばらく足が遠のいてしまいましたが…しかし!再び「行ってみよう!」という日がやってきました。子供も高学年になるとある程度色々わかるので、もし退屈になってもなんとか過ごすことができます。

今回の試合は結果的に負けてしまいましたが(新潟2-3大阪)アルビレックスのシュートを目の前で観れたので大興奮!子供と一緒に大きな声で応援ができました。

子供と無理せずに観戦するには

うちの子の例は上に挙げた通りでしたけど「まだ小さいから」とサッカー観戦を諦めるのはもったいない!

実は赤ちゃんを抱っこをしたサポーターの人をスタジアムの外で見かけました。外には出店やグッズ売り場が多数並んでいるのでまるでお祭りのよう。例え中でゆっくり観戦できなくてもスタジアムへ行くだけでもかなり楽しめるんです。

「小さな子供連れだけどどうしても観に行きたい!」

それなら子供が退屈しないよう1つの場所にこだわらずに観戦すればいいのか…なんて周りの子供たちや家族連れを見て思いました。隣には大きな「スポーツ公園」近くには小さな子供にも人気の「いくとぴあ」もありますね。

ピクニックのようにサッカー観戦を楽しもうと考えるといろんな方法が見つかりそうです。

授乳室やお手洗い、売店などの確認はこちらのスタジアムマップで確認を。

サッカー観戦をして感動をしたこと

この日スタンド席のほんの1割で応援をしていたガンバ大阪のサポーターのみなさん。アウェー戦を応援する底力に思わず感動を覚えました。

フォローをするようですがもちろん!アルビレックス新潟のサポーターの応援というか、その人数の多さに驚きました!

両者の応援がぶつかり合うその場にいれるということだけでも来た甲斐があった、そんな風に思った1日でした。

▼この日はこんなに晴天でもスタジアムの中はブルブル!防寒着は絶対に必須です!

以上、ラー子でした!