【レビュー】西松屋の「アジャスターバンド」があれば手持ちジーンズで乗り切れる!

スポンサーリンク

マタニティーウェアを買わずに過ごすには?

ありがたい事にもうすぐ妊娠5ヶ月になります。

いよいよお腹が大きくなり、手持ちの服がきつい…という感じになりました。

マタニティウェアって、何となくもったいないんです。

妊娠中しか着れないし、出産後は使えないじゃないですか。

そんな時に見つけたのが西松屋のアジャスターバンドです。


アジャスターバンド
”お気に入りのパンツがマタニティ・ウェアに!”

手持ちのジーンズのファスナーを開いた状態で履き、腹巻きのようにお腹の部分を上手くカバーできるのがアジャスターバンド。


黒い腹巻きのようなアジャスターバンドは真ん中あたりにゴムが入っています。

ウェスト部分にボタン穴の開いたバンドと根元にはボタンが1つ。

さてこれをどうやって使うのでしょうか?

スポンサーリンク

アジャスターバンドの使い方


まずアジャスターバンドを腹巻のように履きます。

そしてジーンズを履いて、ジーンズのボタン穴にバンドのボタンをはめます。

バンドを自分のお腹周りに合わせて、ジーンズのボタンをちょうど良い位置の穴にはめます。

ウェスト部分を上から被せて出来上がり!

ここまでの流れをまとめると、

  1. アジャスターバンドを履く
  2. ジーンズを履く
  3. ジーンズのボタン穴にはめる
  4. 被せて完成

図を見るより、実際やってみると簡単!

身動き不自由な妊婦さんでも負担はないでしょう。

アジャスターバンドを履いてみた感想

装着するのはかなり簡単!

トイレが面倒かな?と思いきや、ボタンを2つ外すだけなので問題ないです。

長めの上着を着てしまえばジーンズのウェストは見えません。

お腹が大きい妊婦さんは基本的に長めの上着を着と思うので心配ないと思われます。

私は結局、上から被せずにそのまま腹巻のように使っています。

折る事でちょっとお腹が窮屈に感じてしまったのでこの方が楽だと気づきました。

夏はもしかしたら暑く感じるかも?

エアコンで冷えるのは防げますが、猛暑の中は厳しい…。

コスパ良し!西松屋で999円

西松屋のアジャスターバンドは1つ999円(税込)。

お試しで買っても大きな損はないし、腹巻きにもなります。

これ1つ買えば手持ちのジーンズを使いまわせます。

アジャスターバンドのお手入れ方法

ネットに入れて洗濯可能。

若干乾きにくいですがお手入れは簡単です。

楽天の中に公式ショップとして「西松屋」があるので重宝しています。
お店にないものもあったりするので、時々覗いています。

スポンサーリンク

ネットショップで購入できます

▼腹巻き部分がないタイプもあります。

▼カネソンからも販売されています。

スポンサーリンク

まとめ:妊娠初期から中期におすすめ!

アジャスターバンドはお腹が出始める妊娠初期から中期ごろに活躍します。

お気に入りのジーンズが使いまわせるのは本当に嬉しいです!

後期や臨月になると洋服に手間をかけることが面倒になり、マタニティジーンズやワンピースを着ました。

少しでもきつくなったら使用は中止しましょう!

 

主婦ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました