横浜・中華街の夜はスーパーホテル関内へ【レビュー】

家族3人の私達で泊まったホテルは、横浜関内にあるスーパーホテル関内に決めました。
ここに決めた理由は中華街から凄く近いのと安くて朝食付きだったからです。

スポンサーリンク

室内の様子

このホテルの特徴が「ぐっすり快眠」がテーマになっていて、この薄暗い照明は快眠を考えた暗さなんだそうです。
大人にはこの暗さはぴったりですが、元気な子供には違和感があります。夜寝るだけのためならさほど問題はありません。
ベッドの枕元と机の上、玄関に照明があります。

スポンサーリンク

ビジネス用のデスクと椅子

部屋の奥には開かない小窓に割と大きな机、その上にはテレビ、下にはミニ冷蔵庫湯沸かし器付きポットゴミ箱が並びます。
この机はビジネスマンにはゆとりのある大きさなのではないでしょうか。
無料Wi‐Fiは全館利用可なのでパソコンを持ち込んでも問題なし。

スポンサーリンク

泊まった部屋のタイプ

我が家が一泊した部屋のタイプはスーパールームというタイプで、セミダブルベッド+ロフトで定員3名

スポンサーリンク

料金

大人1人3,750円×2人=7,500円 + 子供3,750円 = 11,250円(税込み)
泊まった日は12月末の土曜日~日曜の朝まで。
駐車場は提携された中華街の中のパーキングに停めて一泊1,000円です。
この付近のパーキングはかなり高かったので、これが無かったら恐ろしい金額になっていました。

スポンサーリンク

このホテルへの決め手

朝食バイキング込みで中華街に一番近かったのが決め手でした。
横浜スタジアムもすぐそこなので、ライブや野球などで訪れる人にも便利です。
年末の土日に利用したのでこの値段は破格に思えました。

スポンサーリンク

ベッドについて

セミダブルベッドの幅は140㎝幅でそう大きなものではない。なので、大人1人+小さな子供くらいまでが望ましいでしょう。
うちの子は小学生中学年で小柄なのですが、一緒に寝ると転がって来てゆったりとは寝れません。
小学生高学年くらいになって、結構大きな体格の子ならトリプルルームへランクアップした方がよく眠れるかと思います。

快眠がテーマな部屋なので正直このセミダブルに1人で寝たらよく寝れそうだな、と思いましたが・・私はロフトへ行きました。
ロフトはしっかりしたパイプとはしごが付いています。
はしごの途中はハンガー掛けになっていて一工夫あり。子供は喜んで昇り降りしちゃいます。

スポンサーリンク

枕が選べるホテル

このホテルの面白いなと思ったサービスは、枕が選べるという事です。
何とロビー横にふわっとしたタイプや割と固いタイプなどのカラフルな枕が並ぶコーナーがあります。
私達が泊まった階にも枕コーナーがありました。
最初からベッドには普通のふわっとしたタイプの枕が置いてありますが、気になるようなら枕コーナーで自分の好みのタイプを探すといいでしょう。
清潔感のある枕が並んでいたので、しっかり管理がされているように思えました。

スポンサーリンク

玄関周り


入口の玄関ドアは意外と広く感じました。
床がフラットで段差がないので、車いすの方にも便利かもと思いましたが、実際に試してはいないのでその辺は分かりません。入ってすぐ横にユニットバスがあります。
昔1人暮らしをしていたワンルームの部屋の構図にそっくりだなと思い出しました。

スポンサーリンク

トイレ・バス

ユニットバスですが、トイレは温水シャワー付きです。特に申し分のない大きさです。
小さいトイレだからか、トイレットペーパーの細さに驚きました。

スポンサーリンク

アメニティ

トイレの背中部分の上にはコップやアメニティグッズがありました。
シャンプー・リンス・ボディソープが可愛い感じで並んでいます。
我が家は肌が弱いので外のモノは使いません。なので使い心地は試していないので分かりません。

スポンサーリンク

部屋に置いてあったアメニティ

スーパーホテル関内スーパーホテル関内

可愛いプレゼントっぽく置いてあって嬉しかったアメニティ。
【中身】
・フェイスパック
・リフレッシュシート
・コットンと綿棒
・スキンケアセット
・ボディウォッシュネット

スポンサーリンク

タオル

トイレの上の部分に人数分のタオルが積んでありました。
乗せてある台の下のパイプにタオルが掛けられるようになっています。
内装が結構綺麗ですね。

スポンサーリンク

洗面台とシャワー

真ん中の洗面台とシャワー。
ユニットバスならこのくらいの大きさでしょうね、という普通のコンパクトサイズです。
カビ等もなく綺麗です。

バスマットとシャワーカーテン。
うちの子供は使い勝手がよく分からないので、夫と一緒に湯船にお湯を溜めて入ったようです。
大人は足は伸ばせないけど、子供は大丈夫。小さい子だけですけどね。

スポンサーリンク

加湿付き空気清浄機

ベッドの横には加湿器付き空気清浄機(パナソニック製)が置いてあり、都会の空気に慣れない田舎者の私達には嬉しい気遣い(笑)
ホテルって乾燥しますのでね、これは結構有難い備品の1つですよね。
ただ、加湿器を使おうとしたら給水タンクに自分でお水を入れなくてはいけなかったのと、加湿ボタンを押したら「カツン・・カツン・・」と気になる機械音がしたため普通の清浄機機能だけを使用しました。
なんだか惜しかった。

スポンサーリンク

コンセント

コンセントは机の上に3つ並びます。スマホはここで充電しました。

スポンサーリンク

朝食バイキング

ロビーの奥に小ぶりの食堂があり、朝食バイキングへ朝7時すぎくらいに行ってみました。
あまり期待をしていなかったのですが・・これが予想以上に美味しくてこれが1番驚いて嬉しかった事です!

パンやご飯、新鮮なサラダに充実したおかず、スープバーやドリンクバー。
食後の飲み物まで何でも揃っています。
セルフサービスですが女性スタッフの方が1人スタンバイしていまして、ベビーカーの方などのお世話をしていました。
テーブルと椅子は大人向けの高いものなので、幼児の子にはあまり向いていません。
窓からの景色は横浜公園が見えて、思ったよりも良い空間でした。

スポンサーリンク

最寄駅

関内駅(JP・根岸線・ブルーライン)へは徒歩8分。
日本大通駅(みなとみらい線)へは徒歩5分。
中華街へは徒歩1分、横浜スタジアム(入口)へは徒歩4分です。

スポンサーリンク

まとめ

子供も含めてビジネスホテルに滞在したのが初めてだったので緊張感はありましたし、低価格のホテルへの不安感もありました。
でも清潔感があり、何と言っても朝食バイキングの美味しさには惹かれました。

駐車場が中華街のすぐというよりも思ったより奥の方なので、フロントの方に住所を言ってもらいナビに入れないと辿り着けません。
ちょっと遠いかなと思いますが、先ほども言ったように1泊1,000円では中華街の中のパーキングではとても停められないので助かります。

支払いはロビーに設置してあるATMのような機械で済ませるシステムに驚きました。
フロントの女性とは最初の説明だけ接し、あとは何も関わらずに帰れるという感じです。

また泊まる機会があるとすれば、みなとみらいで遊び、中華街で食事したい時だと思います。

スポンサーリンク

施設の情報

スーパーホテル関内
【住所】〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町195-1
【電話番号】045-650-9000
【HP】スーパーホテル横浜・関内

ホテル
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました