「吉本新喜劇全国ツアー2018」へ!新潟県人でも新喜劇は楽しめる!お笑いライブ観戦の心得

スポンサーリンク

「お笑い大好き!」と言う人は確実に増えてますが、実際にお笑いライブへ足を運ぶ人はどれほどいるのでしょうか。

関西であれば、チャンネルを回せば新喜劇が放送され、「将来の夢はお笑い芸人」と答える子供が多いでしょう。しかしここは新潟。

やはり関西に比べると「そこまでではない」空気が流れています。興味はあるけど今一歩勇気が持てない…そんな新潟県人へ、お笑いライブ大好き人間である私(ラー子)が、お笑いライブを見るための心得を全力でお伝えしていきます!

スポンサーリンク

「吉本新喜劇全国ツアー2018」へ行ってきました!

大阪へ行かなくてもいいの?!と思わず2度見してすぐにチケットを入手したのが吉本新喜劇全国ツアー2018でした。

新喜劇の全国ツアーは初の試みであり、4座長公演という豪華キャストによって行われました。

小藪座長

【アイアム座長】小藪千豊(こやぶかずとよ)

すっちー座長

【ドリルの鬼座長】すっちー

酒井座長

【ぶぅぶぅぶぅ座長】酒井藍(さかいあい)

川畑座長

【顔パンパン座長】川畑泰史(かわばたやすし)

この4座長が集まり、豪華キャストによって公演が行われました。

ここ数年の吉本新喜劇の代表ギャグと言えばアレ。

「すんのかいせんのかい」ですが、いつも叩かれている吉田裕(よしだゆたか)さんは、全国ツアーが始まった4月上旬に病気(肝膿瘍)になり手術と入院のため不在。

私も彼に会うのを楽しみにしていましたが、不在の人間がいるとも思えないほどの公演内容となっていて、とてもとても感動しました…。

お笑いライブ初心者が持つべき心得とは?

まず、お笑いライブが楽しめる適任な人とはこんな人。

  • お笑い番組見るのが好き
  • 好きな芸人がいる
  • とくに好きな芸人はいないけど見るのは好き
  • 大笑いしたい
  • 芸能人に会いたい

何かすごく高いテンションが必要なの?とか、お笑いに詳しくないといけないのか?など不安を持つ人もいるでしょう。

お笑いライブは何も考えずに行ってもオッケー!

なんとなく足を運んでよし、出演者が誰なのか知らないまま行っても良し。

気軽な気持ちで行けるのがお笑いライブの最大の魅力ですね。

テレビとお笑いライブは全然違う!

テレビだとたいして笑えない芸人がいたとしても、なぜかライブで生の漫才やギャグを目にすると…

大笑いしていた!

こんなことがよくあります。

(逆に言えば反対も多い)

笑いを共有できる素晴らしい空間

お笑いライブ会場の全員と一緒に笑う、笑いを共有できる時間はとても貴重です。

ストレスが一気に抜けて行く気持ちになるし、普段「くだらない」って周りに言われても、その会場に行けば「くだらない」なんて言う人がいない。

笑いに対して真剣な人が集まるので、堂々と笑うことができるんです。

お笑いライブは1人で見に行ってもいいけど…

お笑いライブ初心者の人は、ぜひ誰かを誘って行ってほしい、その理由は1人だと笑いにくいから!です。

1人でゲラゲラ笑ってももちろん構わないのですが、隣に連れ合いがいることで、思いっきり大爆笑できます。

私は過去1人でライブ会場へ足を運んでいたのですが、やっぱり1人でゲラゲラ笑えず「クスクス」止まりだったことを記憶しています。

1人でも大爆笑できる!そんな人はもちろん、お1人でも行ってみましょう。結構たくさんいるんですよ、お笑いライブの「おひとりさま」。

子連れお笑いライブの注意!

お笑いライブへ親子で生きたいと思う人は、お子さまの年齢と時間をよく考えた方がいいです。

たとえば、今日見た吉本新喜劇は2時間半の公演でした。お笑いライブの中では相当長いです。

小学生以上の子は大爆笑でしたが、それよりも小さな子はトイレへ行ったりちょっと退屈そうな動きが見えました(でも騒ぐ子は1人もいませんでした!)。

よほどお笑いファンのお子さまじゃないと、ちょっと大変かな?と思います。

公演が始まるとトイレに行きにくいです。

芸人さんもネタに集中したいと思うので、トイレが近いお子さまはその辺の配慮が必要です。

もう少し短い時間のライブなら、小さなお子さま連れでも安心かなと感じました。

吉本新喜劇グッズをゲット!

あいちゃんのキラキラしたケース(中身はラムネのようなもの)と、座長のイラスト入りキャンディを人ごみかき分けてゲットしてきました。

新潟では新喜劇が放送されていなかったけど…この公演に合わせて数回、新喜劇が夜遅くに放送されていました(新潟放送さんバンザイ!)。

これからもテレビ放送だけは続いてほしいなあ…こんな風に願っている私です。

個人的なお笑い推しな内容をお送りしましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

ラー子でした!

スポンサーリンク
お祭り・イベント
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS