【コーヒー部】ハリオV60ドリッパーとドリップポットで手淹れコーヒーデビュー!

コーヒー大好きな私(ラー子)はお家コーヒーを楽しむべく、ついにドリッパーを手に入れました。

今回買ったのは、HARIO(ハリオ)V60ドリッパーというもの。

円すい型が特徴的なこのドリッパー、その使い心地や気づいたことをレビューします!

スポンサーリンク

ハリオV60ドリッパーのスペック

HARIO(ハリオ)V60透過ドリッパー02

1~2杯用とこの1~4用で悩みましたが、小さいドリッパーの方がお湯を注ぐのが難しそうに感じたので大きな方を選びました。

  • 1~4杯用
  • 樹脂製
  • 軽量スプーン付き
  • 日本製

持ってみるととっても軽いことがわかります。

樹脂だから落としても割れない!そして、スパイラルの模様がきれいです。

ハリオ円すい型ドリッパーの3つの特徴

まん丸でスパイラルなハリオV60円すい型ドリッパーの特徴は次の3つ。

  1. お湯が中心に向かって流れるのでコーヒー粉に触れる時間が長い
  2. スパイラルのリブがコーヒー粉のふくらみを妨げない
  3. 大きな1つ穴だからスピーディーかつ味変しやすい

ドリップコーヒー初心者にとってはこの円すいを活かせるのかが問題ですが、よくある台形をしたドリッパーとは違った味が楽しめるということです。

円すい型と台形ドリッパーの違いとは?

こちらはカリタの台形型で底に3つ穴があるドリッパー。

台形型ドリッパーは、お湯がドリッパーの底に溜まってから落ちる仕組み。味の特徴は、やや酸味が減るということ。

台形型ドリッパーには1つ穴のタイプもあり、3つ穴よりもしっかりとした味のコーヒーになります。

それと比べて、1つ穴の円すい型はコーヒー粉に触れながらどんどん中心にお湯が溜まっていくのでしっかりかつスッキリした味になるようです。

ドリップポットも購入しました

一緒に購入したのが、オンリーワン・ステージ ステンレス製 ドリップポット 1.1L HB-2349 IH対応です。

IHとガス火どちらも対応するのにとっても安い900円台!

円すいドリッパー専用フィルターがない!

お湯も沸いたし、いざドリップするぞー!と思ったら!

わが家には円すい専用フィルターがないということに気がつきまして、台形型フィルターを急遽こんな風に先をとがらせて対応してみました。

これが吉と出るか凶と出るかを左右する分かれ道に…。

コーヒーを美味しく淹れるコツと手順

フィルターにコーヒーの粉を入れたら平らになるように、

ドリッパーをトントンします。それはまるで子供の背中をトントンするかのように、そんなイメージです。

使うお湯は沸騰直後のボコボコした状態では使いません。

火からおろして静まるのを待ちます。(静まれ~静まれ~)

真ん中にそーっとお湯を注ぎます。粉全体がジワジワするように。そして30秒待つ…。

次からは、真ん中からうずを描くように外側に向かってお湯をクルクルと注いでいきます。

ここが素人とプロの力の差が出るところ…この写真はダメな見本です!

美味しいコーヒーは上手に真ん中がへこんで、きれいな壁ができるはず。

…とまあ、これは全部箱に書いてある淹れ方のコツですけどね?(笑)

とても分かりやすく書かれているけど、実際にやってみるとお湯の出し方とかうず状に注ぐのとか、本当に難しい…。

コーヒーマイスターって本当にすごい職業だと、1発目から実感した次第であります。

失敗!?円すいドリッパーには円すいフィルターを使うべし!

コーヒー粉の谷間が全くできないのでよく観察をしてみました。

そこで気づいたのが、フィルターの先端がちゃんと尖っていないからか、コーヒーの液体が上手く落ちていないようです。

本来なら円すい状の方が早くドリップされるはず。なぜなら尖っているし、流れるスピードも早いからです。

上手く落ちないからフィルターのコーヒーの粉も平らなまま。

やはり、円すいドリッパーには専用の円すいフィルターを使うべきですね。

コーヒー入りました!

って少なっ(笑)

自分のイメージ以上に落ちたコーヒーは少なかったようです。うーん。

コーヒーカップがでか過ぎた、っていうのもありますね。

肝心の味は…濃いぃぃぃ!

濃い方が好きだけど、ちょっと時間をかけすぎたのかこれは渋すぎる味でした。

雑味って言うんですか?

なんだか眉間にシワが寄る味でしたね~。

今回使ったコーヒーの種類は、気になっていたトップバリュのもの。

トップバリュ オーガニックオリジナルブレンドレギュラーコーヒー(中挽き・中煎り)

わずかな酸味を感じる香りと軽くて飲みやすい味でした。

1杯目はう~んという味でしたけど、2回目はまあまあ美味しかったです。

円すい専用フィルターを使うとどう変化するのか、その辺もまた追加報告をしますね。

↓円すいフィルター買いました!

【100均部】セリアで見つけた円すい型コーヒーフィルター
円すい型ドリップを買ったのに、円すい型フィルターを持っていなかった私ラー子ですが……。このたび、ようやくそのアイテムを手に入れましたことをご報告します。しかもそれは、100均ショップで入手。その100均ショップはセリア。40枚入りでもちろん

まとめ:お家ドリップコーヒーデビューは想像以上に簡単!そして安い!

お家ドリップコーヒーデビューを果たしましたが、購入した道具の安さにびっくり!

ハリオV60ドリッパーはAmazonで300円台。

ドリップポットは900円台。

専用フィルターも100枚入りで300円台で売っています。

ぜーんぶ買っても1500円!

ドリッパーも色々な種類があるので、もっと高いものもあります。

でも、最初の1歩目は手軽なもので十分だと感じました。

すっかり楽しくなった私は、コーヒーミル(豆挽き)を狙い始めております(笑)

主婦ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました