京都・亀屋良長「スライスようかん」でトースト革命!熱々羊羹にバターがとろける!

京都・亀屋良長「スライスようかん」で食パン革命が起きた!

スライスようかんなるものが妹から送られてきました。

京都の菓子店「亀屋良長」の店頭や通販で買えるものみたいです。1袋2枚入り。

「今、京都で流行ってるんだよ」とのことですが、ペラペラに薄い羊羹に四角いバター。一体これは何!?

京都・亀屋良長「スライスようかん」で食パン革命が起きた!

中身を見ると、スライスチーズのようなペラペラな羊羹が2枚入っています。これをパンに乗せて焼くとのこと。このツブツブはケシの実なんだとか。ケシの実…?

ぐにゃん!となる姿がもはや羊羹を超えた何かでしかなく、とにかくパンに乗せて焼いてみようということに。

京都・亀屋良長「スライスようかん」で食パン革命が起きた!

『ようかんがグツグツなるまで焼いてください』の指示通りトースターで焼いてみたら!うほっ!羊羹がグツグツしてる!こんな姿初めて見た!!バターもジワジワ溶けてます!

京都・亀屋良長「スライスようかん」で食パン革命が起きた!

チーン!できあがり!

すっかりバターが溶けて甘い羊羹の香りが……。あんバタートーストなら食べたことあるけど、熱々の羊羹なんていうのは人生初。

京都・亀屋良長「スライスようかん」で食パン革命が起きた!

いつものトーストがスペシャルおやつに大変身!

食べてみると羊羹の餡がいい感じにとろ~。

ザクザクのトーストに絡む~。ついでに塩気が効いたバターがうんま~~!!!

こんなの、美味しくないわけないやないの~~~!

パンに乗せて焼くだけで、トースト革命が起きました!

新潟の人でも通販でお取り寄せ◎です。

亀屋良長(かめやよしなが)

強烈な香りが中毒性を生む「京都・一保堂」いり番茶
iribancha
みやげ・お取り寄せ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました