にいがたらいふ

新潟で子供から大人まで楽しむための情報ブログ

セイヒョー「もも太郎ドロップ」はやっぱりもも味でもりんご味でもなかった。

「もも太郎ドロップ」はやっぱりもも味でもりんご味でもなかった。

新潟の昔ながらの味といえばセイヒョーのもも太郎!そんなもも太郎の飴新潟発 もも太郎ドロップなるものを寺泊のファミマで発見!

ピンク色のドロップ缶が懐かしい&可愛い。観光客向けとして売られているのでしょうね。

いつもならスルーする所ですが、その珍しさとビジュアルから手に取ってしまいました。

では早速もも太郎ドロップを試してみましょう。

「もも太郎ドロップ」はやっぱりもも味でもりんご味でもなかった。

まずフタが開けにくい。こんな所からもドロップ缶の懐かしさを堪能しながら10円で開封!

「もも太郎ドロップ」はやっぱりもも味でもりんご味でもなかった。

出てきたのは予想以上に丸いピンクのそれ。もも太郎アイスと同じカラー、同じ匂い。

セイヒョーのもも太郎と言えばそう…

もも太郎って言ってるのに桃の味はせず。

しかも味はどう考えてもいちご味なのに『りんご果汁を使ってます』と訴えてくるちぐはぐ感が魅力のアイス。

そして。もも太郎ドロップも匂いはいちご。

味もいちごだよ!

「もも太郎ドロップ」はやっぱりもも味でもりんご味でもなかった。

材料を見ても一目りょう然。どこにも『いちご』の文字はなく、りんご果汁が入っていると表記されてます。

セイヒョーならではの不思議な世界に飛び込みながら、もも太郎アイスの懐かしい味を堪能しました。割と大きめサイズなのでじっくり味わえます。

そういえば「ももえちゃん」っていうぶどう味のアイスもあったな…久しぶりにセイヒョーのアイスを食べてみよう。

株式会社セイヒョー

https://niigatalife.com/2019/01/28/harashin-gerato/

https://niigatalife.com/2017/10/17/yasuda-yogult/