田中達也「MINIATURE LIFE展2」in新潟”見立ての世界”を見てきました!

新潟市新津美術館で開催中(3/19〜5/15)の、「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界を見に行ってきました。Twitterでもよく見かけていた小さな世界観の、本物の実物が見れるということで非常に楽しみでした!

展示物は撮影OK!ということで、撮りまくってきた作品をご紹介します。

田中達也さんとは?

田中達也(たなかたつや)さんは、ミニチュア写真家であり、日常のものを別の物に見立てる作家さんです。SNSで「MINIARTURE CALENDAR」を毎日投稿したことで話題を呼んでいます。

Twitterで田中さんの存在を知った私ですが、1度目にした人はその世界観に惹き込まれてしまう魅力があります。

私も何かとスマホにメモする人間なので勝手に共感

この人が田中達也さんらしい

仕事スペース。こんな風に撮影しているらしい。

「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」について

「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」

全国で170万人を動員し、代表作を含む写真作品約120点と立体作品約50点を展示。フォトスポットもあり。

■開催期間:3月19日(土)〜5月15日(日)
■開催場所:新潟市 新津美術館(HP)、新潟市秋葉区蒲ケ沢109-1(map)
■休館日:月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
■開催時間:10:00〜17:00

作品の数々

【種を収穫】

【「綿棒なことになったぞ。。」】

身近な食べ物や小物を使った作品ばかりなのですが、その作品のほとんどがダジャレです(笑)。

立体作品の中には……。

自分が作品に入り込める大きな作品もありました。ここからは撮り溜めた作品の数々をご紹介していきます!

ポップコーンが入道雲になっている

ご飯粒が雲に

トイレが現れたと思ったら

【「TOTOここまで来たか。。」】という作品でした

ここで広い展示室に移動。すると……。

開店寿司コーナーが登場。これはいったい??しかし、よく見てください。

よく見ると小さな人の姿が!「新潟」の駅の前に寿司がぐるぐる回っているという、なんとも楽しい作品です。お寿司ひとつひとつが美味しそうだし、いやー、これはすごい!

寿司皿がビルのように見えます。

拡大するほど面白い!

新潟限定の作品もいくつか展示されているのですが、中でも感激した作品がこちら。

なにやら大きなカゴがあります

【練習の”製菓”】という作品

新潟らしい柿の種をシュートするサッカーのシーンを再現しています。よく見れば「アルビレックス新潟」のユニフォームを着ているんですよ!本当に食べられそうな柿の種も食品サンプルなんですよね。

ご紹介したのは作品のほんの一部です。見る角度、撮影の仕方で捉え方や見方が全く変わるのが楽しいですね。あまりの楽しさに2周まわりました!

今回はGW真っ只中に行ったので、入場制限のため10分ちょっと並ばなければなりませんでした。最終日は15日(日)とあまり日がありませんが、平日の方が空いていると思われます。

この機会に、田中達也さんの小さくて面白い世界を見に行って見てください♪

可愛くて奇妙な世界へトリップ!不思議の国のアリス展in新津美術館
子どもから大人まで世界中から愛されている名作「不思議の国...
新津美術館で開催中の「藤子F不二雄展」で大はしゃぎ!
ただ今開催中(~6月12日)の「生誕80周年記念 藤子・F・...
新潟市新津美術館で行われた「魔法の美術館」は光のワンダーランド
新潟市新津美術館で開催中の魔法の美術館へ行って来ました!...
タイトルとURLをコピーしました