にいがたらいふ

新潟で子供から大人まで楽しむための情報ブログ

【米どころ新潟】情熱価格のドンキ米は本当に新米コシヒカリなのか?

【こしひかり】情熱価格のドンキ米は本当に新米なのか?

田んぼのあちこちで稲刈りしているのを見かけたら楽しみなのがこれ。

新米ごはん!

フラッと入ったドン・キホーテで見つけたのが「新米」と赤い字で書かれたこちら。

【こしひかり】情熱価格のドンキ米は本当に新米なのか?

わが家では「ドンキ米」と呼ぶお馴染みのこのお米です。

https://niigatalife.com/2017/12/05/donki-koshihikari/

いつものパッケージですが、よーく見れば「新米」のマーク。

…ドンキ米が美味しいし信頼できる米だという事はわかっているけど、ドン・キホーテの食品売り場の隅っこに積まれて販売されている状況を見ると、どうしても疑ってしまうのはなぜでしょうか。

安すぎるとどうしても疑ってしまうのは…日本人の悪いくせなのかも知れません。

で、新米食べたいよね…という事で購入しました。

ドンキ米の販売者と精米年月日を調べてみた

【こしひかり】情熱価格のドンキ米は本当に新米なのか?

米の情報は袋の裏を見ればわかる…とのことでチラッと見てみましょう。

販売者は「株式会社百萬粒」さん。いつもお世話になっております。

この時点で信頼感はグンとアップしましたが、一応精米した年月日を見てみましょう。

「平成30年9月21日」

買った日は24日なので3日前に精米したばかり!

もちろん平成30年産なので、最近収穫されて精米したばかりの、正真正銘のコシヒカリである事がわかりました。

そしてお値段は情熱価格の1,700円(税抜)

市内のスーパーでは安くて1,880円(税抜)なのでちょっとお得なのがドンキ米。

ドンキ米の味は?

最初の画像に戻りますが、シャキッとした粒で甘くておいしーーい!!!

おかずなんていらない美味さ…間違いないですね。

ドンキで安く手に入れただなんて、すっかり忘れてしまいます。

株式会社百萬粒さんとは?

弥彦村に会社を構える株式会社百萬粒さんのホームページを見つけました。

https://hyakumantsubu.com/

こちらのお米紹介のページを見ると、スーパーで見かけたことがある商品ばかり。

正直なところ、ドンキに卸している会社は怪しいのでは…そんな風に思ってしまうけど、物凄くちゃんとしたお米屋さんです。

特別栽培の「伊彌彦米(いやひこまい)」というお米は食べたことがない上に、とっても美味しそうなイメージ…。

お取り寄せはできる商品とできない商品があるようですが、いずれも楽天市場で販売されているようです。

 

新米の玄米30㎏!お米屋さんからの購入なら間違いないですねっ。

いや、ドンキ米も間違いなく美味しかったです!

プライバシーポリシー お問い合わせ