新潟市新津美術館で行われた「魔法の美術館」は光のワンダーランド

シェアしてね!

新潟市新津美術館で開催中の魔法の美術館へ行って来ました!

新潟市新津美術館の周りには、新潟県立植物園や新津フラワーランドなどがあります。
グーグルナビに任せて向かいましたが、かなり細い道で大変でした・・
よく道を確認する事をお勧めします。


入口に水と土の芸術祭の作品がありました。これは一体・・・?

魔法の美術館は撮影OKなのでたくさん撮りました!
作品の名前は分かるものだけ付け加えておきます。


Immersive Shadow。丸いボールに影がぶつかると跳ねます。大人も楽しい!

これは万華鏡らしい。自分の姿が万華鏡という発想が凄い。


SplashDisplay。光の中にスポンジを投げ入れると、細かい発砲スチロールの玉のようなものがブワー!っとなります。
いきなりぶわーーーっとなるのが楽しい。

左上:the blink stone。振動で光る石。
右上左下:がそのもり。真っ白なページに光の物語が写る。
右下:三角にタッチをすると模様が変わる。


七色小道。光るピアノの鍵盤みたいで、大人も子供も並んで通ります。

Pixelman。画面に近づいていくとどんどん大きなピクセルになる。ゲームキャラみたいな自分。

Lake Awareness。手をかざすと光の輪が広がります。とっても綺麗!


happy halloween! 顔を認識して、グループの中の1人だけおかしな顔になります。なぜか夫ばかりが狙われる。

Secret Garden。光と風の世界。羽がふわふわと回ると影も大きく回ります。癒される・・・

コンパクトな館内で、途中カフェもあり。
よちよち歩きの小さな子でもとても楽しんでいました。
大人もお互い撮影し合ったりと、なかなか楽しいです。

中学生以下は無料というのも嬉しいです。
大人は1,000円です。

新潟市新津美術館 魔法の美術館
https://www.city.niigata.lg.jp/nam/exhibitions/exhibitions26.html

新潟市新津美術館 グーグルマップ

シェアしてね!

SNSやっています

おすすめ記事