にいがたらいふ

新潟で子供から大人まで楽しむための情報ブログ

【参加レポ】第7回南魚沼グルメマラソンに出場しました!

以前から気になっていた南魚沼グルメマラソンに出場して来ました!もう第7回なんだそうです。マラソン初心者の私ですが無事完走出来ました。とても楽しかったので、会場やグルメの内容をレポートします!

会場はここ、八色の森公園です。ここがスタートとゴール地点。 ここは新幹線が止まる浦佐駅から徒歩10分ほどで到着する公園になので、関東から参加する方も随分多いなって思いました。水遊びが出来る大きな池があり、子供達が遊んでいましたよ!

南魚沼グルメマラソンのコース

この大会はハーフと1/8kmの2つです。 私はもちろん!1/8kmです。 スタートは公園の脇から田んぼが広がる平野へと移り、また公園に帰って来ます。 アップダウンはさほどありません、最後、公園に入る手前辺りにガード下を潜るので、そこだけは下ってまた上ります。 ヒーヒー走りながら撮りました。 こんな感じでコシヒカリが育つ田んぼの中をひたすら走ります。 農家の方達が手を振って応援してくれました、嬉しかったです。

ゴールしたら即ご飯

お疲れ様でした!と完走証をもらう前に手渡されたお茶碗にびっくり! ちゃんと陶器で出来たお茶碗なんですよ。ロゴが可愛いですね! しかしゴールしてすぐにお茶碗とお箸とおかずを盛るトレーを渡されるとは予想していませんでした(笑) 完走証をもらうと選手の人はコシヒカリ食べ放題ゾーンに行けます。 グルメ村にはズラっと屋台が並んでいます。 偶然写っていましたが、あのロン毛の方が主催者のRICKAさんだそうです。 なかなか良い盛りっぷりのご飯を持っていますね。この方は一体何者?という事は後ほどお勉強するとして…

グルメ村の紹介

物凄い数の店舗数にびっくり! こんなに屋台が並ぶマラソン大会は初めてです。

数え切れないほどの店舗数!

八色しいたけが焼かれています。これも美味しそう! 八海山や八海山泉ビール、エチゴビールもありました。他にもまだまだ。酒とつまみはいくらでもあります。新潟県人が飲兵衛だと言われるルーツが分かるようなイベントですね。 ※2杯目のご飯です。 このステーキ、柔らかくて美味しかったです! ご飯に何でも乗せて食べちゃいました。 みんなお茶碗を持ってウロウロしています。 選手とご家族みんなで楽しめるイベントです。 会場はとにかく凄い人。

とにかく色んなお店が参加しています。 参加店一覧はこちらをご覧ください。 南魚沼を食べつくそう!過去最多出店のグルメ村発表!!追加発表!! : 南魚沼グルメマラソン BLOG 八海山とコシヒカリ。 2大グルメのコラボレーション。 幸せですね、新潟に生まれて良かったって思う瞬間です。

コスプレ大会でもある

南魚沼グルメマラソンはコスプレコンテストが行われているため、コスプレマラソン大会にもなっています。

皆さんかなり本気のコスプレをされていましたけど、気温30度以上となったこの日、体調は大丈夫だったのでしょうか・・?心配になりました。 私、振り向いたら大きな進撃の巨人が立っていて思わず悲鳴を上げそうになりました(笑) あの左下の写真の方だったんですね、きっと。

主催者のRICKAさん

この大会の主催者はRICKAさんという方なんです。 一体何モノかと調べてみると・・・

福田六花 (ふくだ・りっか
 1965年2月24日、東京都生まれ。医師、ミュージシャン、ランナー。大学卒業後、外科医として勤務するうち、ストレスと暴飲暴食から93キロまで体重を増やす。31歳でランニングに夢中になり、30キロ以上のダイエットに成功。ランニングライフを極めるため、2002年に富士山麓の山梨県富士河口湖町に移住。現在は介護老人保健施設「はまなす」施設長(同町)をつとめ、マラソン、トレイルレースなど年間30レースに出場。レースのプロデュースや専門誌での連載などランニングの普及に力を注ぐ。フルマラソンのベストタイムは3時間06分01秒(2014別府大分マラソン)。 50歳の新米パパ、まだまだ走り続ける ドクター六花のランニング賛歌 : RUN : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

過去に肥満で悩んでいたなんてとても思えない体型でした!そして50歳にして新米パパだなんてっ素敵!

松任谷正隆さん

今年も、と当たり前のようにゲストランナーとして出場をしていましたが、何でマラソンをしているのかは未だに分かりません(笑) 奥様のユーミンが体力作りに走っているという話は聞いた事ありますが、この正隆さんは車が好きというイメージが強いんですよね。 でも、こんな素晴らしいゲストが来てくれるってただただ嬉しいです。 1/8㎞の最後尾からずっと一緒に走ってくれ、閉会式では「春よ来い」を弾き語りしてくれるという、素晴らしいゲストです。

浅いえり子さん

浅井えり子さんがゲストランナーで出場されました。 この方は1988年ソウルオリンピック・女子マラソン日本代表、1986年ソウルアジア競技大会・女子マラソン金メダリスト、1994年名古屋国際女子マラソン優勝という華々しい経歴をお持ちの方。 ぜひまた来年もゲスト出場して頂きたいですね!

とにかく楽しいマラソン大会

RICKAさんの「速く走れる人は速く、遅い人はご飯がありません」という笑いを誘うスタートコールと、ゆる〜いサックスのファンファーレ。 このマラソン大会はあくまでご飯を食べる為に走る!という事で、スタートをする時は 「いただきます!」と言ってスタートしました。 私が最大に驚いたのが、ゴールから200m手前の給水地点に「八海山」が置いてあった事です(笑) あとひと息のとても苦しい場所でのパラダイス? とても私は飲む気にはなりませんでしたが結構な人だかりが出来ていましたね。 常識を覆すような、楽しいマラソン大会だと思います。

情報

南魚沼グルメマラソン HP https://gurumara.com/

第7回 2016年6月12日(日)開催

〒949-7302 新潟県南魚沼市浦佐5483−1 八色の森公園 会場