ついに魔夜峰央が「2万光年翔んで新潟」で出身地をディスる!

翔んで新潟

10月16日に発売された2万光年翔んで新潟をゲットしました!作者は新潟県出身の魔夜峰央さん。つまりこれは、出身地ディスりの本ということになります。

公開されていたこのあらすじ。

新潟に不時着した宇宙人をニューヨークと嘘をつく新潟県民たち。

村長は大統領、駐在所はペンタゴン、二宮金次郎像は自由の女神、たくあんはクロワッサン…。

すっかり騙される宇宙人だが、その真の狙いとは…?

ヤバくないですか?(笑)

「ここはニューヨークです!」と言い張る設定で漫画を作るってすごい。

ちなみにここでのネタバレは一切ないのでご安心ください(そもそもまだ読んでない)。

 

さて、タイトルが埼玉に酷似しすぎでは?と気になりますが…

魔夜峰央コメント

「タイトルが某作品に類似しておりますが、内容は全く違います。典型的なSFになっておりますので、どうかご承知おきください。」

「新潟には今でも非常に愛着を持っております。漫画を描きやすい県民性だと思います。」

埼玉の次は新潟だ! 『2万光年翔んで新潟』発売!!|株式会社小学館のプレスリリースより引用

作者が言うように「翔んで埼玉」とは全く違う。そしてSF(?)だといいます。ついでに、『新潟県民は漫画を描きやすい県民性』とプチディスリまで(笑)

とはいえ、幼い頃見たパタリロ!が大好きだった私にとって、魔夜峰央先生が新潟をテーマにしただけでテンションMAX!これからじっくり読むとします。

 

翔んで新潟

こちらは裏表紙。パタリロ!ってまだ連載しているんですよね…。

 

目次を見て気づいたのが、この本1冊丸ごと「2万光年翔んで新潟」ではないということ。

  • 2万光年翔んで新潟
  • 急斜流貝恋子(せくしゃるばいおれんす)
  • 冥土ロボットパペッタちゃん
  • トランシルバニアの化け猫
  • ミーチャンネコパンチ
  • 魔夜峰央・新潟インタビュー

こちらの6部作で構成されていました。翔んで新潟は42ページほどで終わります(早…)。しかし濃厚な6部作であるのは確かです。

中身をパラッとめくった時、おばあちゃんがものすく小さな公園のことを『遊園地』と呼んでいたな…そんなことを思い出しました。

翔んで新潟は、そんな新潟県人を描いた物語なのでしょう。違うかもしれないけどね。

この本が大ヒットしたら、埼玉に続いて新潟も映画化!?なんて期待してしまうのは私だけではないですよね!

やってほしいな、実写化を…!そして埼玉越えを狙いたい!

頑張れ、翔んで新潟!!

「翔んで埼玉」作者・魔夜峰央先生は新潟県出身でしたね!ところで「クックロビン」て何だ?
埼玉ディスりがとんでもねぇ!と話題の「翔んで埼玉」が昨日地上波ノーカット放送されましたね! 「口が埼玉にな...
街ネタ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました