にいがたらいふ

新潟で子供から大人まで楽しむための情報ブログ

弥彦山の上のレジャーランド「わくわく遊園」と弥彦神社奥宮へ

過去記事をまとめています。

新潟県の中心に位置する弥彦山。弥彦神社もいいけど晴れた日は弥彦山を登ってドライブすると気持ちがいいですよね。山頂に着くまではヘアピンカーブが続くけど、着いたときの爽快感やそこの景色はとても清々しいものです。

で...あまり知られていないのが弥彦山の上にある「レジャーランド」の存在。神社があるのは意外と知られているけど「え?レジャーランドなんてあったっけ?」っていうあのスポットをご紹介します。

(2015年9月撮影)スカイラインを登って到着したらまずは景色を楽しむべし。山の下に広がる日本海を眺めて「ヤッホー!」

この日は曇っていたけど、佐渡島が見えました。

クライミングカーに乗ってみよう

さらに上の方へ登ろうという事になり、真ん中のパノラマタワー…ではなく左の小さい「クライミングカー」に乗って上へ上ります。たった1分で上へ到着しちゃうというスピード。展望レストランへ到着するので、そのままなんとなく道を下っていくとレジャーランドへ行けます。

■クライミングカーの料金(往復)

大人:380円、小人:260円

あっという間に到着するけど、なんだか古い乗り物なのでドキドキしちゃうけど!景色が楽しめて面白い乗り物です。

これが噂の「わくわく遊園」

弥彦山の上にはレジャーランドがある!これ、知らない人多いのでは?HPでもこのレジャーランドについては触れられていません。なぜでしょう?結構本格的で楽しいのに!

■わくわく遊園料金 入場料1人200円、乗り物それぞれ200円。安くないですか? レジャーランドを上から見た感じ。昔懐かしい雰囲気が漂い、新幹線の乗り物からゴーカートっぽい乗り物から、ティーカップの乗り物までそろっています。 息子の話では「ティーカップの急カーブがたまらない」とのこと。ギュイーンとカーブを曲がるそうです。 レジャーランドの外には射的なんかもあります。

新潟県ってこういうレジャーランドはかなり珍しい存在じゃないですか?乗り物は古いものですが意外と大人も興奮しちゃうような懐かしさが味わえます。弥彦山の上でこんな遊びができるなんて…という不思議な場所が「わくわく遊園」の醍醐味かと。

展望食堂とパノラマタワー、真ん中あたりの乗り物がクライミングカーです。パノラマタワーは基本的に景色を楽しむだけのものですね。海が見渡せてこちらも楽しいです。

標高634mはスカイツリーと同じ高さなんです。ウンチクとしてぜひ覚えておきましょう。

越後平野!

「弥彦神社奥宮」へ

展望食堂の奥にはさらに階段が… 弥彦神社奥宮… 先が見えないけど足を踏み入れ… 15分以上、登り続けました!ヒー!しんどい!

何とか到着!!白い鳥居があり、手前には絵馬などが売られています。

景色が凄い! 平野と海と空。 気持ちがいいです、心が洗われますね。ここまで頑張って登ってきた甲斐がありました。

▼丸い絵馬を見つけました!

こんな丸い絵馬は初めて見ました。 「縁」という文字が素敵で、私もお願い事を書いて来ました(内容は秘密)。

遠くを見たら…

ゲームに出てくるような雲が浮いていました。

弥彦神社の奥宮まで登ったのはこれが初めてでした。途中、新婚さんや赤ちゃんを抱っこ&おんぶをして登る方が何組もいました。おそらくですが、安産のお参りをされたお礼やご縁が上手くまとまったカップルなのではないのか…など考えながら道中を楽しみました。

なかなかきつい道中なのですが、ウォーキングストックを持って歩く人たちも多かったです。ここへ登るのであればスニーカー必須ですね。下の弥彦神社本殿もいいですが、こちらのパワースポットも機会があれば訪れてみてほしいです。

▼展望食堂で売っていた「金沢かれいぱん」

また下へ降りて来ましたが、その頃には汗だくだく… 金沢かれいぱん? 弥彦なのに…なんて思いました。夫が食べていましたが美味しいそうです。

情報

■名称:弥彦山ロープウェイ ■住所: 新潟県新潟市西蒲区間瀬 ■HP:https://www.hotel-juraku.co.jp/yahiko/