スポンサーリンク

新潟県地域別ごみの分別「アイラップ」「ストロー」の捨て方

新潟県地域別ごみの分別!

新潟県のごみの分別は市町村によって違いがあり、分かっているようで判断に悩むものが実は多いですよね。たとえばこれ。

新潟県地域別ごみの分別!

ポリ袋(アイラップ)は何ごみに出せばいいのでしょうか。

一見プラスチックのようで実は「ポリエチレン」です。このポリ袋と家庭で使うラップの捨て方は燃やすごみだったりそうでなかったり、大きな違いがあるので要注意なんです。

ちなみにこれは、アイラップで鶏ハムを作っています。

あいらぶアイラップ!ポリ袋との違いや簡単レシピと活用方法。ゴミの分別について。
ポリ袋=アイラップこれが常識だと思っている新潟県の皆さん!実は、そう思っているのは新潟県と、北陸...

新潟県地域別ごみの分別!

ストローはどうでしょうか。プラスチックとして捨てたくなりますが、ストローもプラスチック扱いではないんです。

今回はポリ袋やストローの分別はどれなのか、地域別(新潟、長岡、上越、佐渡)の捨て方をまとめてみました。

スポンサーリンク

新潟市・長岡市・上越市・佐渡市のごみ分類HP

■新潟市…ごみの処理の仕方 新潟市

■長岡市…長岡市ごみと資源物の分け方と出し方

■上越市…家庭ごみの分け方出し方ガイド – 上越市ホームページ

■佐渡市…種類と分別方法(暮らしのガイド:ごみ・廃棄物)[佐渡市ホームページ]

新潟県地域別のポリ袋(ポリエチレン)のごみ分別

地域 燃やすごみ 燃やさないごみ プラスチック 資源ごみ
新潟市
長岡市
上越市
佐渡市

ポリエチレン素材のポリ袋の捨て方は、地域によってこのように違いがあります。上越市については、包装容器ではないプラスチック素材の製品は平成30年4月から「燃やすごみ(燃やせるごみ)」に出すことになっています。

この地域すべてに共通する点が、包装容器のプラスチック製品なのかそうでない(ポリエチレン)なのかというところです。

新潟市は「燃やすごみ」

新潟市ごみ分別検索サービス「サイチョDEサーチ」新規ウィンドウで開きます。調べ)

新潟市のポリ袋の捨て方は「燃やすごみ」です。家庭用ラップについても同様です。ごみの分別を検索できる「サイチョDEサーチ」で検索したい名前を入力すると出し方までわかるので便利ですね。

ポリ袋(アイラップなど)は燃やすごみですが、レジ袋はプラスチックごみであることも表示されました。ややこしいですが、スーパーにあるレジ袋やラップなどの包装紙のほとんどはプラスチックごみです。

新潟市では「ごみ分別アプリ」という便利なものがあるようです。

長岡市は「燃やさないごみ」

(長岡市ごみの分け方出し方検索システム調べ)

長岡市でのポリ袋(アイラップなど)の捨て方を、長岡市HP内の「ごみの分け方出し方検索システム」で調べましたが「ポリ袋」ではわかりませんでした。同素材ポリエチレンである「ラップ」で検索したところ、「商品を包んでいたもの→プラ容器」と検出されました。

ただ、ポリ袋や家庭用ラップはこれに分類されないので、ビニールひも(ポリプロピレン製)と同じ「燃やさないごみ」になります。(担当の方にも確認済)

上越市は「燃やすごみ」

上越市でポリ袋を捨てる場合は、ラップと同じ「燃やすごみ」です。プラスチックマークが付いている包装容器は「プラスチックごみ」ですが、それ以外は「燃やすごみ」です。

家庭ごみの分け方出し方ガイド – 上越市ホームページより)

燃やせないごみだったプラスチック・ゴム製品が「燃やせるごみ」に変わっているようです。プラスチックマークがあるかないか、この判断だけで済むようになっていますね。

佐渡市は「燃やすごみ」

佐渡市では、ポリ袋(アイラップなど)の分別は「燃やすごみ」になります。「その他プラスチックごみ」と書かれていますが、歯ブラシなどはナイロンなどの素材も含まれています。ポリエチレン素材のポリ袋や家庭用ラップもここに分類されます。

プラスチックマークがあるものは「廃プラスチック」に捨てます。

「プラスチックマーク」を確認しよう!
商品の包装はほぼプラスチックです。家庭用ポリ袋やラップのほとんどはプラスチックではありません。

新潟県地域別のストローのごみ分別

地域 燃やすごみ 燃やさないごみ プラスチック 資源ごみ
新潟市
長岡市
上越市
佐渡市

ストローの捨て方も、先ほどのポリ袋と同様の捨て方であることが分かりました。

ただし、ストローの外装についてはプラスチックごみに分別となるので要注意です。

ストローのほかに間違えやすいプラスチックごみではない製品
バラン(お弁当に入っている緑のギザギザ)、歯ブラシ、ジッパー付き袋、タッパー類、ビニールひも、ビニール手袋、輪ゴムなど。

まとめ:注意!ほかの市町村での捨て方はそれぞれ違う

今回は新潟市・長岡市・上越市・佐渡市のごみ分別を調べてみました。家庭用ポリ袋とストローの捨て方はつい迷ってしまうものとして例にあげてみました。

そして注意していただきたいのが、上記以外の市町村の捨て方はそれぞれ違います。

たとえば、私が住む小千谷市では、家庭用ポリ袋や家庭用ラップとストローは「資源ごみ」に分類されます。

見分けるポイントは、商品を包装しているものか、製品そのものであるか、です。ストロー自体はプラスチックごみではないけど、ストローの外装はプラスチックごみです。

そして、新潟県民がよく使うアイラップもプラスチックごみではありません。

ラー子でした!

スポンサーリンク
新潟県情報
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS