ドラ割新潟2019「ウィンターパス」でお得になる使い方。申込み・料金支払い方法

まだ使えるドラ割「ウィンターパス」4/8までの高速往復代がオトク!新潟⇔湯沢4,700円に

12月7日から開始している高速割引サービスドラ割 ウィンターパスはもうお使いですか?

期限は4月8日まで!冬の間に使っちゃいましょう。

スポンサーリンク

ドラ割ウィンターパスとは?

まだ使えるドラ割「ウィンターパス」4/8までの高速往復代がオトク!新潟⇔湯沢4,700円に

NEXCO(東日本高速道路株式会社)が運営する「ドラぷら」で行っている割引サービスが「ドラ割」。

ウィンターパスは、2018/12/07~2019/04/08のうち連続する最大3日間の往復料金が半額程度になるんです。

特にお得になる使い方が平日の昼間での3日間!

エリア内で一番遠いICから乗る!

これが最もお得な使い方です。

発着場所は新潟、北陸、仙台、首都圏の4ヶ所。

とくに、スキー場方面への往復料金がお得になる内容です。

■新潟から使える3つのプラン

新潟⇔湯沢プラン
新潟⇔白馬・志賀・妙高プラン
新潟⇔猪苗代湖・磐梯プラン

この3つがそれぞれ1番お得になる乗り方を調べた結果をまとめてみました。

新潟⇔湯沢(平日プラン)

まだ使えるドラ割「ウィンターパス」4/8までの高速往復代がオトク!新潟⇔湯沢4,700円に

行き…新潟西IC⇒湯沢IC ETC料金3,430円

帰り…塩沢石打IC⇒新潟西IC ETC料金3,260円

往復料金6,690円(普通車・通常ETC)

ウィンターパス往復料金4,700円1,990円お得

新潟⇔白馬・志賀・妙高プラン(平日プラン)

行き…新潟西IC⇒信州中野IC ETC料金4,410円

帰り…信濃町IC⇒新潟西IC ETC料金3,990円

往復料金8,400円(普通車・通常ETC)

ウィンターパス往復料金6,000円(2,000円お得)

新潟⇔猪苗代湖・磐梯プラン(平日プラン)

行き…新潟西IC⇒猪苗代磐梯高原IC ETC料金3,170円

帰り…磐梯河東IC⇒新潟西IC ETC料金2,900円

往復料金6,070円(普通車・通常ETC)

ウィンターパス往復料金4,400円(1,670円お得)
スポンサーリンク

土日・夜間利用者はさほど変わらない

ウィンターパスを使ってメリットがある人は、
平日の昼間に使う人のみ。

土日や夜間に利用するとETC割引料金が利用できるので、たいしてお得にはなりません。

新潟西IC⇔湯沢IC(土日プラン)

土日の昼間に出発した場合。

往復ETC料金4,800円(普通車・通常)

ウィンターパス往復料金4,700円100円お得

新潟⇔信州中野IC(土日プラン)

往復ETC料金6,180円(普通車・通常)

ウィンターパス往復料金6,000円(180円お得)

新潟⇔猪苗代磐梯高原ICプラン(土日プラン)

往復ETC料金4,400円(普通車・通常)

ウィンターパス往復料金4,400円(同額料金)

このように、土日ではたいして安くはなりません。

スポンサーリンク

ウィンターパスの3つの特典!

ウィンターパスを利用すると3つの特典がついてきます。

■特典1…目的地周辺のスキー場や観光、温泉施設などが割引

(リフト1日券+食事券1,000円引き、温泉無料券など)

■特典2…アンケートに回答で抽選プレゼントが当たる

(リフト券など)

■特典3…E‐NEXCO50ポイントがもらえる

(E‐NEXCOのIDが必要)

スポンサーリンク

ウィンターパスの申込み、料金の支払い方法

ウィンターパスはHPから申込みをしないと使えません。

  1. 「申込みボタン」から必要事項を記入
  2. 利用開始日を入力
  3. 利用期間、車種、ETC番号を記入
  4. 内容を確認
  5. 申込み完了

このような流れになります。

ウィンターパスの料金はETC料金として引き落とされます。

こちらもブックマークしておくと便利。

高速料金検索-ドラぷら

新潟県情報
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました