スポンサーリンク

大地の芸術祭2018【十日町エリア】モミガラパーク・マッドメン

同じ場所にある2つの作品をご紹介します。

 

スポンサーリンク

モミガラパーク

マッドメン

トンネル入り口すぐ横に設置してあった、一見レンガで作られたようなこの作品。

作品タイトル通り、米のモミガラで作られているというのだから驚き。

2003年に製作されたということはもう15年前のこと。

捨てられるモミガラがこんな丈夫なレンガに再生すると思うと、捨てるものなんてこの世にはないのでは?なんて思います。

マッドメン

マッドメン

  • 作品番号:T154
  • アーティスト:小川次郎/日本工業大学小川研究室
  • エリア:十日町
  • 製作年:2006年
  • マッドメン芸術祭

マッドメン

こちらは先ほどの作品より大きいけれど、同じような質感に見えます。

でもこれは「土コンクリート」と呼ばれる、この土地の土とセメントを混ぜて作られた素材だそうです。

大きな作品なので遠くからもわかり、トンネルを通るたびに見ることができます。

ラー子でした!

スポンサーリンク
アート
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS