スポンサーリンク

大地の芸術祭2018【十日町エリア】キナーレ前のアート作品

大地の芸術祭【十日町エリア】の中心、越後妻有里山現代美術館キナーレ前にあるアート作品をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

作品名:シルクの水脈

  • 作品番号:T027
  • アーティスト:郷晃
  • エリア:十日町
  • 製作年:2003年
  • マップコード:140181290*25
  • 作品公開時期:4月下旬(雪融け後、順次公開)~11月中旬
  • シルクの水脈-大地の芸術祭

シルクの産地である十日町を表現した作品とのこと。

作品名:Three Travellers

  • 作品番号:T305
  • アーティスト:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
  • エリア:十日町
  • 製作年:2015年
  • 作品公開時期:4月下旬~11月中旬(雪融け後、順次公開)
  • Three Travellers-大地の芸術祭

キナーレを設計した方が手掛けた作品だそうです。インディアンのようなカラフルな色合いが可愛いと感じました。

作品名:火を護る螺旋の蛇

  • 作品番号:T026
  • アーティスト:星野健司
  • エリア:十日町
  • 製作年:2003年
  • マップコード:140181319*85
  • 作品公開時期:4月下旬(雪融け後、順次公開)~11月中旬
  • 火を護る螺旋の蛇-大地の芸術祭

蛇が中心の炎を守っているかのような作品です。

作品名:モグラTV

パット見畑しか見えないのですが…。

何と!中からモグラさんが顔を出します!この作者さん自らモグラに扮して楽しませてくれる作品のよう(暑いからとっても心配!)。

なんとなんと、この穴の下でトーク番組を開催。その模様はU-STREAMで毎日放映しているそうです。モグラさんはこの期間中しか見られないと思います。

なお、外にある作品については料金はかかりません。

場所

スポンサーリンク
大地の芸術祭
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS