大地の芸術祭2018【十日町エリア】うたかたの歌垣

スポンサーリンク

うたかたの歌垣

うたかたの歌垣

うたかたの歌垣

当間高原ベルナティオのすぐ近くにあった(ベルナティオ旧フラワーハウス)この作品ですが、黒っぽい無機質な入り口から入ると、和風庭園のような道が見えてきました。

うたかたの歌垣

灯りが灯る小さな家があります。

この屋根はカラスの羽が使われていると(HPにて)説明があり、キラキラと美しい線を描いているのは金箔だとか。

作品タイトルにある「うたかたの歌垣」の意味は、男女が求愛の歌謡を掛け合うことを「歌垣」と呼ぶらしいのですが、ここが原点なんだそうです。

 

うたかたの歌垣

無造作に置かれているようで、とても奥が深い作品でした。

大地の芸術祭
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました