「ありがとう平成」30年前の思い出

「ありがとう平成」30年間の思い出

「ありがとう平成」

30年間という平成の時代が終わります。

私は昭和53年生まれの40歳なので、ちょうど10歳の時に

「新しい元号は『平成』です」

の、あれを見ました。

その時のテレビはもちろんブラウン管です!

10歳の時と言えば、1年前に妹が生まれたのでまさに妹中心の生活でしたね。

そんな妹は「ギリギリ昭和生まれ」の「ゆとり世代」です。

■30年前の思い出

・ビデオデッキがやって来た!

生まれて初めて録画したのが歌番組で、光GENJIのパラダイス銀河のシーンだった。

ビデオテープが伸びるとか、たった2時間しか録画できないとか。

今じゃ考えられないですね。

・ゲームボーイをゲットした!

地元の「グリーンスタンプ」というポイントのような物を集めて念願叶ってゲット。

初めてやったゲームはテトリスで今でも大好き。

・相変わらず駄菓子屋通い

ふ菓子食べながら光GENJIのカードを買う。駄菓子屋にたくさん吊るしてある中から選ぶけど、中身が見えないからなぜか佐藤あつひろばかり出てしまう。

私はかぁくんファンだった。

・夏になると暴走族のバイクがうるさかった

海の町のつらいところ。バイクとパトカーの音が記憶に残ってます。

ホントに暴走族がすごかった!色んな意味で。

不良とか暴走族って昭和を感じますよね(笑)

■30年間で「変わったなあ」と思うこと

小5だった私に

「今こんなことになってるんだよ!」

と1番教えたいのはやっぱり、インターネットの存在じゃないですかね。

「こんなちっちゃい機械(スマホ)で、電話もできるし、ほかの人の写真も見れるし、動く人も見れるんだよー!」

って自慢すると思う。

暇な時はただただ自転車で近所をブラブラしている、あの頃の私に教えたい。

でも空飛ぶ車はまだないですね。

ドラえもんの未来の世界にはまだなってないけど、間違いなく便利な世の中に変わりました。

……という、普通すぎるオチですけど。

ほんの10年ですが、昭和という時代を知っているからこそ、平成の変貌をじっと観察できました。

ありがとう平成。

さようなら平成。

日常
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました