新潟県の新型コロナウイルスに関する相談先

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

スポンサーリンク

私は豆乳を好んで飲むのですが、飲み終えた後の豆乳パックの捨て方にちょっと悩んでいました。

牛乳パックはスーパーのリサイクルBOXに入れています。ただ、内側がアルミの豆乳パックはリサイクルBOXでは”不可”だったんですよね。

■引用元:小千谷市ホームページ(ごみの出し方)

この地域では”燃えるゴミ”として出せるのですが、ほかに方法はないの?と気になってはいました。

そんな時知ったのがテトラパックリサイクル便です♪(最後にちょっとしたオチあり)

スポンサーリンク

「テトラパックリサイクル便」とは?

テトラパックリサイクル便とは、家庭にあるアルミ付き紙容器=テトラパックを回収し、再生紙メーカーへ直接届けるサービスです。

テトラパックのリサイクルを広めるため、2008年から回収便をスタートさせているんだとか。回収したテトラパックはトイレットペーパーなどに再利用されます。エコですね、SDGsですねっ。

回収を行うのはテトラパックマークがある、豆乳などのドリンクの容器ならサイズ・メーカーを問いません。”テトラパック”マークがあること、「開いて・洗って・乾かして」を守ることがルールです。

テトラパックの捨て方は自治体によって違いますが、私の場合は次の3つから選べます。

  • 「燃やすゴミ」に出す
  • スーパーなどの「リサイクル回収BOX」に入れる
  • 「テトラパックリサイクル便」で送る

今までは燃やすゴミに出していたのですが、せっかくリサイクルできるなら協力してみようと思い立ったわけです。

実際に「テトラパックリサイクル便」を試してみた!

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

使い方は、「テトラパックリサイクル便」で”メンバー登録(無料)”を行いリサイクル便を請求するだけです。実際にやってみると、請求から1週間くらいにはリサイクル便が届いていました。利用上お金は一切かかりません。

手元にはゆうメールの「リターンパック」という箱が届きました。厚さ2cmくらい、宛先など全て記入されており使用期限もなし。テトラパックを詰めて郵便局に出すだけです。

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

リターンパックを開いてみると……箱の厚さが倍になりました!使い方説明書も入っています。

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

溜まりに溜まった豆乳パック、およそ35枚ほど。う~ん、入る?無理かも?

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

ダメ元で箱の中に入れてみました。パックを揃えて、奥と手前をぐいっと畳みながら(無理矢理)箱を閉じます。

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

蓋さえ閉じれば何とかなる……!何とかしようとしている図!

豆乳パックの捨て方に迷ったら「テトラパックリサイクル便」へ!エコのために利用してみた

何とか閉じました!箱の説明通りガムテープを貼りまして、後は郵便局に持ち込むだけ!ちょいとすき間が空いているので、伝票をうまく避けてガムテープを貼りました。

飲み終えた豆乳パックを開いて洗って乾かして保存する……のは多少面倒くささはあります。でも慣れてしまえば牛乳パックと同じ要領なのでそう難しくはないです。これでリサイクルに協力できるならいいなと感じました♪

……後日。近くのスーパーのリサイクルBOXで『アルミ付きパックも回収可』の文字を発見してしまったのはあとの祭り(な~んだ!)。スーパーによって回収する物が違ったりするので、よ~く見た方がいいですね。

もし私のように豆乳パックの捨て方にお悩みの方は、テトラパックリサイクル便を試してみてください。

■テトラパックリサイクル便(https://www.recycle-bin.jp/index.html

ちなみに、裏が白い牛乳パックのリサイクル便サービスもあります。

■日本テトラパックのベルマーク運動(http://www.eco-kami.jp/bellmark/index.html

もしお近くにリサイクル回収BOXがない方は利用してみてください。

主婦ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

新潟LIFEwihtKIDSをフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました