3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

柏崎市の一大イベント「えんま市」が3年ぶりに帰ってきました!人がこうして集まるとワクワクしますよね。

昨年2021に代替で開催された”えんまテラス”の記憶もまだ新しくいですが、やっぱり本家のえんま市が帰ってくるのは嬉しいです!

ただ通常通り500店の露店が並ぶことはまだ厳しく、県内の露店約180店が6月14日〜16日出店される運びになったとか。180店でも十分な数にも思えますけどね。

そして2日目の本日15日。3年ぶりのえんま市を堪能してきたので、ハイライトとしてお届けします!

柏崎市えんま市2022年のようす

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

昨日梅雨入りして今日なのでどんより空。時々ポツンと雨が当たってはいたのですが、ザーッと降ることはなかったです(本当によかったですよね)。

お店とお店の間に空間があるので、ぎっしり並ぶえんま市と比べるとちょっぴり寂しさはあります。人は平日昼間に関わらず、けっこういました。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

県内の露店に限定ということですけど、初めて見る感じのお店ばかりで新しさが満載です。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

やたら行列を作っていたカステラ屋さん

私はベビーカステラという食べ物をえんま市で初めて知りました。普段カステラはあまり食べないのに、お祭りに来るとなぜか買いたくなるのはなぜ?

こちらの鶏卵かすてらというお店に行列ができていました。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

新潟名物ぽっぽ焼き。こちらも行列です。

どうなんでしょう?ぽっぽ焼きは新潟市のお祭りの名物というイメージが強くて、実は私がぽっぽ焼きを知ったのは結構な大人になってから。

子供の頃えんま市でよく売られていたのは「カルメ焼き」という、丸くてぷくーっと膨らむおやつだったんですよね。カルメ焼きはいつの間にか姿を消して、今はぽっぽ焼きがこちらも主流になってきているのかも?

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

閻魔様へお参りを……。これからは頑張っていい子になります(だから舌を抜かないでください……)。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

閻魔堂を出たところにある運勢くじを引いてみました。古い感じの言い回しで書いてあるので、いい事なのか悪い事なのか(どっちでもないのか?)。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

お参りをしたら「baby mouth(ベビーマウス)」さんでおやつ。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

こちらのスイーツは300円!お安いし可愛いし美味しい〜!ほかの2種類も買えばよかったと後悔。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

柏崎市のゆるキャラさん”えちゴン”。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

越後みそ西さんでは、みそ詰め放題も開催!

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

相変わらず大盛況な鯛茶漬け。ご当地グルメ2年連続グランプリ!すごいですね!

基本的にお持ち帰り仕様になっているので、ササっと買って車で食べることにしました。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

美味しい鳥幸さんの唐揚げ。とってもジューシーでした!

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

たこ焼き。

3年ぶりの開催に歓喜!柏崎市のえんま市2022年ハイライト

越後みそ西さんの味噌漬けの豚串。これも美味しかったです!完全復活ではないえんま市でしたけど、十分楽しむことができました。

飲食スペースも設けられているので、周囲に配慮をすれば飲食もできます。

駐車場は、市役所→図書館(ソフィアセンター)→アクアパークを回ってきたのですが、どこもすでに満車。結局海の駐車場に止めました。

柏崎のえんま市は明日が最終日です!今年こそ祭りをエンジョイしたい!という人はぜひ行かれてみてください♪来年は通常通りのえんま市が開催されることもお祈りします。

柏崎のえんま市は毎年6月14~16日に開催!駐車場について知りたい!
※3年ぶりとなる2022年度の柏崎えんま市は6月14・15・16...
タイトルとURLをコピーしました