「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

新潟の身近なお店で見かける越後の塩麴 こうじ床を、実は最近初めて使ってみました。

買った場所は小千谷市の野菜直売所「けやきぱーく」さんです。野菜の間にちょこんと置かれていましたよ。

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

「こうじ床」という名前を聞くと「ん?」と思ってしまいますが、「塩麴」ならわかりますよね!

発酵食品が見直されているので塩麴の注目度は高まっていますが、山崎醸造さんの「こうじ床 塩麴」は40年以上前から販売されているようです。

■かぶの一夜漬けを作ってみよう!

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

かぶの漬物が大好きなので、かぶの一夜漬けにチャレンジしてみることに。

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

このこうじ床は封を開けてみるとかなりこってりした感触なので、ドロッとした塩麴のイメージとは印象がちがいます。

使う分量は、漬ける野菜のおよそ2~3割ということなので、ちょっとづつ取り出しながらまぶしてみました。

200g入りですが、これ1袋で意外と使えるなあ…という感想です。

袋の後ろに書いてある通り、野菜に塗るようにまぶします。

アイラップの中に入れて、よくこすり合わせるようにしてみました。

■こうじ床の一夜漬けが完成!

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

かぶの一夜漬けです。

ひと口食べると、野菜の甘みを感じました。(おいしー!)

あれ?塩麴のはずだけどしょっぱくありません。

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

しょっぱかったら麹は落として食べようと思いましたが、むしろそのまま食べた方が私は好きです。

これは色々な野菜も試したくなります!

「越後の塩麹こうじ床」でかぶの一夜漬けを作ってみました!

こうじ床で漬けたかぶの葉は、みそ汁にも入れてみました。柔らかくなっているから仕上りが早かったです。

さらに、から揚げの下味として鶏肉にひと晩漬けこんでから揚げてみたら、柔らかくてほどよい塩気。

塩の代わりになって素材のうまみが引き出せるのはこうじ床がいい仕事してくれるからですね。

山崎醸造「こうじ床 塩麴」は新潟県内のスーパーで販売されていますが、山崎醸造さんHPでもお取り寄せ可能です。

こうじ関連商品には、もっと柔らかくて使いやすい「お料理用塩こうじ」、ドレッシングのような「米こうじの塩だれ」などもありましたのぜ覗いてみてくださいね。

山崎醸造株式会社 越後味噌はヤマサキみそ。

「きゅうり辛子漬の素」は新潟名物?昔ながらの味が今まさに美味しい!
皆さんはきゅうりの漬物と言えばどんな味を連想しますか? ...
小千谷市の野菜直売所「けやきぱーく」では旬の雪下人参や春野菜・山菜が登場!
小千谷市の野菜直売所「けやきぱーく」さんの旬の野菜をご紹...
あいらぶアイラップ!ポリ袋との違いや簡単レシピと活用方法。ゴミの分別について。
ポリ袋=アイラップ これが常識だと思っている新潟県...
タイトルとURLをコピーしました