絵柄が変わる!会津・長門屋「羊羹ファンタジア」と日本画家アートのパッケージに感動!

お友達から「すごい羊羹がある」と受け取ったこの小箱。羊羹の名前はFly Me to The Moon 羊羹ファンタジア

聞けば福島県会津の老舗菓子店「本家 長門家(ながとや)」というお店のものだとか。

ファンタジーなお菓子の割にはとても渋いお菓子屋さんの名前です。

それにしても羊羹にグッドデザイン賞のマークがついているのも珍しい。しかも、この羊羹のほかにもいくつか受賞商品があり、アート性に富んだ菓子店だということがわかります。

これがお菓子だと知らなければ「オルゴールでも入っているの?」と予想をしてしまうほど、とても可愛い外箱ですね。

「会津 長門屋」のマークもおしゃれ。よく見えないけど創業1848年らしいです!今は2018年だから…なんと170年も前から。すごい。

■いざ御開帳!

添付の説明通りに箱から出して開いていくと…。「??」(思ってたんとちがう)

しかーし!横から覗くとカラフルな姿を発見!

この羊羹は形状的にからか、逆さまに入っています。ドキドキしながら包丁を入れると…!

いい意味で思ってたんと違う!

なんてファンタジー!いや、ファンタジア!

青い鳥と黄色い月がカラフルなゼリーの中に入っていて、上下に羊羹があるという想像だにしなかった姿に感動しました!

■切るたびに絵柄が変わる!月が満月に!

なんとこの羊羹は切るたびに鳥と月が変化するんです!さっきのは完全なる三日月でしたが、切り進めて行くと満月に変わるではないですか…。

よく見れば鳥の位置も満月に向かって近づいているんです。羽が羽ばたいているし…何ですか?手品ですか?えー、どうなっているの?

■羊羹ファンタジアの味

肝心の味についてはこのような説明書きが書かれています。

羊羹の上部には、クランベリー、会津産鬼くるみ、レーズンが。

青い鳥と黄色い月はレモン羊羹

間のゼリーっぽい部分はシャンパンBRUT錦玉羹(ゼリーではない?)。

そして上下は小豆羊羹で挟んでいるという、とても手の凝った羊羹です。

羊羹部分は甘いけれど、レモン羊羹やゼリーの部分はとてもサッパリ。(もったいない!)と思いつつ食べ進めました。

スプーンを使ったら食べやすかったです。冷やしておいたので暑い季節にぴったり。

■パッケージデザインは福島県出身の日本画家

花と鳥と夜空と魚…まるで絵本を開いたような素敵なパッケージは、福島県出身の女性日本画家 舛田玲香さんという方だそうです。とてもカラフルで大胆な作品を描く方のようですね。

そして福島愛をひしひしと感じるパッケージです。

とても捨てることなどできず、マスキングテープ入れに任命しました。

この羊羹ファンタジアを販売する長門屋さんはお取り寄せ可能。ほかにも思わず「可愛い!」と叫びたくなるお菓子を見つけました。みなさんもぜひのぞいてみてください。

情報

■店名:会津駄菓子・本家長門屋
■住所:〒965-0865 福島県会津若松市川原町2-10
■電話番号:0242-27-1358
■HP:本家長門屋公式ホームページ -会津駄菓子・本家長門屋舛田玲香さん公式サイト福島 CRAFTS and PEOPLE

▼インスタ映え間違いなし!

若い子に人気のカメラアプリFOODIEの「ポジターノ」というフィルターを使ってみたら「なにこれかわいい〜」。

▼舛田玲香さんのインスタグラム

『あなたにお会いできて本当に良かった』と、伝えたい人に出会えたことがとても幸せなことだと思います。 こういう自然災害など目にしてしまうと、人と過ごす時間は本当に大切で、次必ずまた会えるとは限らないのだと、ちょっと切なくなってしまうから。 きちんと感謝を伝えて、言葉でその人を抱きしめられるように丁寧に過ごしたいと思いました。 そして生み出すものも、誰かを包み込むような、優しく強い作品でありたいと思いました。やっぱり大好きな人の無邪気な、素直な、心からの笑顔を見たいんですよ。 #もう少しで完成 #紫陽花#向日葵#猫#花#ポピー#自然#日本画#アート#心地よさ#愛情#軽さ#踊るように#art#artist#japanesepainting#nihonga#reikaartwork#nature#flowers#hydrangea #sunflower #cat

Reika Masudaさん(@rei_colour_world)がシェアした投稿 –

ラー子でした!