スポンサーリンク

【今が旬】カリフラワーの天ぷらがサクッと甘くて美味!カリフラワーの効果とは?

カリフラワーは今が旬!11月~3月までの寒い冬の時期はとっても甘くてジューシーなんだそうです。

そんなわが家も身内の方から大きなカリフラワーをいただきました。

スポンサーリンク

カリフラワーをゲット!さてどうやって食べる?

みなさん、カリフラワーってどうやって食べていますか?

私ラー子はお恥ずかしながら、茹でてマヨネーズかしょうゆをつけて食べたことがありません(美味しいんだけどね)。

でも最近ママ友さんが「天ぷらが美味しいよ」と教えてくれたので、今回は…

カリフラワーの天ぷら

に挑戦です。

余談ですが、まわりの葉っぱが付いた状態で売られているカリフラワーやブロッコリーは「国内産」。これがないものは輸入ものなんだそう。へ~。

カリフラワー生産量は全国7位!

カリフラワーって切っていくと根本は緑色だったり紫っぽかったりと、なんだか不思議。

ちなみに、全国都道府県カリフラワー生産ランキング(2015年調べ)によると、

新潟県は全国7位!1,370トンが生産されているそうです。意外に多くて驚きました。

冬が旬のカリフラワーなので、雪深い新潟県はちょっと違うかな…なんて思ってしまいました。

カリフラワーの天ぷら!ちょっと焦げました

さてさて、カリフラワーの天ぷらができあがりました。

作り方ですか?

切って、天ぷらの衣をつけて油で揚げる!以上です。

下茹でしなくていいかな?と思いましたが、その心配はいらなかったです。

カリフラワーの栄養や効用は?何にいいの?

(よそ見をしたら焦げました)

カリフラワーの天ぷらは塩で食べるのがめちゃくちゃ美味しいです!そして揚げる時はよそ見をしないように…。

カリフラワーに含まれる有効成分や効用はこんな感じです。

  • ビタミンC…たっぷり含まれており、疲労回復やかぜ予防に効果あり。
  • カリウム…塩分を排出する効果があるので、高血圧の方や筋肉疲労にも。

カリフラワーの種類によっても違いがあって、色の濃い方が栄養価が高いようです。

緑系のものはビタミンCがさらに多く、オレンジ系のものはβカロテンが、紫色のものはアントシアニンが豊富らしいです。

100gあたりの栄養価(五訂日本食品標準成分表より)

  • エネルギー:27kcal
  • 水分:90.8g
  • たんぱく質:3.0g
  • 脂質:0.1g
  • 炭水化物:5.2g
  • 食物繊維:2.9g
  • カロテン:18μg
  • ビタミンE:0.2㎎
  • ビタミンK:17μg
  • ビタミンB1:0.06mg
  • ビタミンB2:0.11mg
  • ビタミンB6:0.23mg
  • ビタミンC:81㎎
  • ナトリウム:8㎎
  • 葉酸:94μg
  • パントテン酸:1.30mg
  • ナイアシン:0.7mg
  • カリウム:410mg
  • カルシウム:24mg
  • マグネシウム:18mg
  • リン:68mg
  • 鉄:0.6mg
  • コレステロール:0

茹でて食べるのなら電子レンジで2~3分チンした方が栄養が逃げないのでおすすめ。ほっくほくのカリフラワーをこの冬はいっぱい食べたいと思います!

ぜひカリフラワーの天ぷらもお試しくださいっ。

ラー子でした!

スポンサーリンク
簡単レシピ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS