にいがたらいふ

新潟で子供から大人まで楽しむための情報ブログ

「コンフィデンスマンJP」の小説が中学生にブーム?本など読まない息子がハマった理由とは?

「コンフィデンスマンJP」の小説が中学生にブーム?本など読まない息子がハマった理由

(左:コンフィデンスマンJPロマンス編、右:コンフィデンスマンJP運勢編)

先日17日から公開の、映画「コンフィデンスマンJPを見に行ってきました。

長岡のTジョイへ中学生男子の息子と2人で行ってみたのですが、偶然なのか?周りには中学生男子と思われる子たちがたくさん。

ドラマの放送から前のめりでハマっていた息子は、映画を見たその足で書店へ直行。

今まで貯めていた図書カードを全額投資する勢いで「コンフィデンスマンJP」のノベライズ本を購入!

狙っていたのは4冊だけど、アピタ長岡内の書店では売り切れ。

その次に戸田書店へ行ってみたところ、上の写真の2冊のみを発見したので「買いました!」という感じです。

■本など読まない息子がなぜ小説を買うのか?

私の脳裏にあったのはこの疑問。

見るだけでなく「読みたくなる」ってすごくない?と思ったわけです。

私が考えてみた理由…

  • 長澤まさみがかわいい
  • 長澤まさみが美人
  • 長澤まさみの振り切ってる感が好き
  • 大爆笑できる
  • ちょっとドキドキするシーンがある
  • いくつもトリックが隠れている
  • ダメな大人が見れてうれしい
  • どんでん返しがスッキリする

こんな感じしか思いつかないけど、どれも大体合ってる気がしています。

とくに最後の「スッキリする」は、映画を見て「スッキリーーー!!!」という気持ちになったので確実かと。

ただ「なぜ小説まで買うのか?」については、「友達が持っていたから」「学校の読書時間で読めるから」という、ちょっと違う下心も見えています。

「お母さん、俺が『詐欺師になりたい』って言ったらどうする?」

と真顔で聞かれて動揺もしておりますが、楽しそうに(ニヤニヤしながら)読んでいるなら嬉しい限りです。

https://niigatalife.com/2018/04/17/eiga-otoku/