もし関東に住んでたら?雪国の人が本気で選ぶ雪かきスコップ

雪が積もる地域に住んでいる人なら絶対欠かせないのが雪かき。

皆さんはどんな道具でどんな風に雪かきをしていますか?

最近では都会でも突然積もることがあるので、備えておくのにおすすめのスコップやスノーダンプをご紹介します!

こちら雪国には消雪パイプというものが設置されているので、何とかかんとかしのげていますが、積った雪に対しては自分の手で何とかする。

何やかんやで結局道具がないとダメなんだと、改めて思うところ。

今目の前の雪を何とかしたいけど、どのスコップを選んだらいいのか迷っている方へ。

関東に住んだこともある雪国在住のラー子が本気で選ぶスコップをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スノーダンプを買うならどれ?

わが家には赤いスノーダンプ黄色いショベルの2つもあるんです。

夫は赤い方が好きで、私は赤いのは重いから黄色いのを使っているという、単なる好みの違いなんですけどね。

ものすごく場所取るんで、コッソリと赤い方を実家に置かせてもらおうかと企んでいるところです。

スノーダンプは軽い方を選ぶ!

スノーダンプは大量の雪をすみに追いやりたい時に使うもの。

  • 大きなお家
  • お店

これ以外の場合は正直、都会ならいらないかなと思います。

だってこれ…収納に困ります!

万全対策はできるけど大きな物置がない家じゃなきゃ、私なら絶対に買わない(笑)

もし買うのならとにかく軽い方を選んでくださいね。重いと腰に来るんですよ、これは。そして初心者向けではないし、女性はさらに使いにくい。

大きいのもあるけど、都会向けならこちらの小さくて重さも3㎏程度のもの(よくあるのは4㎏超え)がオススメ。

私が愛用しているスノーダンプはこのタイプ。


赤いスノーダンプよりは軽くてお手軽です。

ご近所さんはなぜか、このクリアで紫色のものが流行っています(笑)おばあちゃんも使っているので軽さが人気のようです。

スノーラッセルという名前がついていてオシャレ。

スポンサーリンク

たまにしか降らない都会の人にオススメするスコップ

■サイズ

  • 全長104㎝
  • 重さ1.3㎏

私が今都会に住んでいたとして、本気で選ぶならこのスコップにします。

■オススメの理由

  • アルミ製である
  • ちょっと軽い(たいてい1.5㎏程度)
  • 四角い
  • 安い←送料無料ですよ!

このスコップは2千円程度のものですが、こういうタイプがオススメです。

プラスチック製のスコップも可愛くていいなあと思うのですが、ガチガチに固まった雪にはアルミ製じゃないとガツガツできませんっ。

あと、四角い方がガバっと四角い豆腐みたいに雪を掘ることができます。雪国の人は丸いタイプは選ばないですね。

長い目で見てもアルミ製なら痛みにくいし、これ1本あれば何とかなると思います。

スコップ1つで大丈夫?

ドサっと雪が積もるとスコップ1本じゃ追いつかないんじゃ?と不安になって、大きなスノーダンプを買っても…たいして使わない上に、収納に困るじゃないですか…。

私はそちらの方が嫌なので、体力を使ってでもスコップ1本で掘り進めちゃいます。

大丈夫。

1m以上積ってもスコップだけで何とかなるものだし、小回りが利くからやっぱり1番使い勝手がいいですよ。

【関東・その他へ即発送!!】あす楽送料無料【アルミスコップ角型】除雪 アルミ角スコップ

関東に住んでいた時もちょこちょこ雪が降ったことがありますが、マンション住まいだったのでスコップすら買わなかったです。

車のためにスノーブラシは持っていましたが、車の周りの雪は長靴で踏んで何とかしていました(笑)

雪道を安全に走行するための、車の雪下ろしの方法とスノーブラシの使い方
車の上に積もった雪を上手に早く下ろすには?新潟の人なら車の雪下ろしなんて朝飯前のことですが、雪国へ引っ越...
スポンサーリンク

わが家が常備している折りたたみスコップ

こちらは車にいつも積んでいる折りたたみスコップです。たまたまホームセンターで見つけたLOGOS(ロゴス) フォールディングショベル というものですが、結構使い勝手がいいんです。

折りたたむと何だかカメムシっぽいんです。

■サイズ

  • 幅15×長さ24×厚さ5cm
  • 全長59㎝
  • 重さ:1㎏

伸ばすとこのくらいの大きさ。コンパクトだけど、これでも1㎏はあるので腕がプルプルしています。

この長さなので本気の雪かきはできません。車を出すときにちょこっとどかすとか、その辺をちょこっと何とかしたい時用です。

庭いじりにちょうどいいなとも思います。

わが家は緊急用として車に乗せており、雪にハマったときは使おうかなという感じ。まだ使ったことはありませんけど。

片方にノコギリが付いているのが特徴。本当に木を切ることができるのかは試したことがないけど、何となく頼りになる感じがします。

このスコップの使い道として、

  • 穴掘り・溝掘り
  • パラソルを立てる時に
  • キャンプに
  • 非常用のノコギリに
  • 雪穴(スタック)からの脱出に

結構幅広い使い方があるので季節問わず、海にもキャンプにも役立ちそうです。

▼雪像作りにも

このノコギリは雪の表面を削るのにちょうどいい感じ。しかしヘタクソな私がやると、それを全く生かせません…。

スライムのつもりが肉まん、もしくはアレに。

都会の人が作る雪像に感動している、雪国の人ラー子がお伝えいたしました!

主婦ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました