スポンサーリンク

南魚沼「六つ季の家」が古民家カフェとしてオープン!足を崩して、のんびりまったり

南魚沼・辻又集落の南魚沼百年古民家・六つ季の家がいよいよ古民家カフェとしてオープン!さっそく車を走らせお邪魔しました。

7月21日~9月30日までは毎週土日営業中!夏休みの思い出に、大地の芸術祭の休憩場所に利用ができます。

「南魚沼百年古民家・六つ季の家」が古民家カフェとして今夏オープン!辻又集落へプチ女子旅
今夏、古民家カフェとしてオープンを控える「六つ季の家(むつきのいえ)」の見学をさせて頂けることになり、私ラー子とママ友さ...
スポンサーリンク

六つ季の家こだわりの骨とう品

今回は母と親子でお邪魔しました。骨とう品にはやっぱり興味津々のようす。

珍しい骨とう品というか、2度見3度見するものばかりです。骨とう品に詳しくない私も楽しんでいます。

見て回っているうちにドリンクの用意ができました。

六つ季の家のカフェメニュー

入館料込みで600円が基本料金のようです。

私が以前いただいたフレンチプレスコーヒーは、ヘーゼルナッツの香ばしいフレーバーでとてもお気に入り!この日は暑かったのでアイスコーヒーにしましたが、あの味と香りはくせになるんです。

アフォガードというまたツボを突いてくるメニューもありますね!(気になる~~)

AmberGlassCoffeさんのコーヒーが味わえる!

好きな場所でいただくことができます。この日は丸いテーブルで、座布団に座って。

この六つ季の家で出されるコーヒーは、コーヒーマイスターのいるお店「Amber Glass Coffe(アンバーグラスコーヒー)」さんのものなんだそう。

非常にこだわり抜いたコーヒーであることがわかります。

母はキャラメルマキアートを。かわいい~。

私はアイスコーヒー(レギュラー)を。

水出しコーヒーなので見た目は薄い色ですが、コクがあってスッキリとした味わいでした!体に染み渡ります!

そして小皿にあま~く煮たふきを提供してもらったのですが、これがとっても美味しい。ふきなんだけど、まるで和菓子のような味わいなんです。どうやって作るのかな?なんて言い合いながら親子でどんどんつまんで食べました。

昼寝ができる条件揃ってます!

この六つ季の家にはエアコンはありません。窓は全開でレトロな扇風機が回っています。この日も猛暑と呼べる暑さですが、室内は心地よい温度でした。

窓の外から聞こえる池の音…。

お店の方も適度に放っておいてくれます。

すると、どんどん頭の中がのんびりモードになっていきます。気づけば寝ていた…なんて十分あり得るできごとでしょうね。

「ここのお水おいしいわね!」と母。

とっても柔らかいお水なんです、これには驚きました。やはり米どころのお水は美味しいし、このお水を使ったコーヒーは美味しいに決まっていますね、

こういう場所に1人で行くのは…という方でものんびりくつろげます。大地の芸術祭巡りの方も十日町から近いので立ち寄ってみてください。

情報

■名称:南魚沼百年古民家・六つ季の家
■住所:〒949-7319 新潟県南魚沼市市野江丙379番地
■電話番号:090-3422-4888
■営業日:土日(要確認)
■HP:六つ季の家、ツイッター(@mutsukinoie

ラー子でした!

スポンサーリンク
スイーツ・カフェ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS