長岡花火館の見どころとは?シアター・フードコート・レストラン・お土産を一挙まとめ!

いよいよ9月18日にオープンが迫った道の駅「ながおか花火館。場所は国道8号線沿い喜多町交差点付近。長岡市の新しいシンボルになる予感をヒシヒシと感じる大きな施設ですが、その見どころが気になりますよね。

コンセプトは『花火の町「ながおか」の魅力を体験できる道の駅』。利用者の休憩、休息の場を提供し、今までにない次世代型の道の駅なんだそう。次世代型の道の駅ってどんなものなのか。

そこで!オープン前に見どころや食事どころ、お土産屋さんまでくまなくご紹介します。

スポンサーリンク

まずは施設内マップをチェック!

ながおか花火館は大きな2階建ての施設です。入り口前には大きな広場。駐車場台数は不明ですが、広いスペースが確保されているようですね。施設内にあるものは次の通り。

■1階

  • 長岡花火ミュージアム展示室
  • 地場産品
  • レストラン
  • フードコート
  • コンビニエンスストア(セブンイレブン)

■2階

屋内スペースドームシアター

■屋外

  • 屋外多目的広場
  • 屋外催事スペース

このほかにも、交流スペースやイベントルームなどが設けられています。イベントスペースがかなり多いので、どんな風に利用されるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

花火ミュージアムがスゴイ!

1番気になるのが2階の「花火シアター」です!ドーム型全面に長岡花火の映像が映し出されるようですが…何だか本物を超えそうな予感すらしてしまうのです。長岡市の本気がここに集結しているのではないでしょうか。

花火シアターは有料ですが(大人600円)見る価値はありそう。

1階の花火ミュージアムでも、幅16m高さ6mの大ビジョンに花火が映し出されるというのですから(こちらは無料)、思う存分長岡花火が堪能できそうですね。

フードコートにはどんなお店が入っているの?

道の駅の目玉といえばそう、フードコート!ながおか花火館には12店舗が出店しています。長岡にゆかりのある老舗店から人気店、新しいお店や海外の味まで幅広く味わえるようなラインナップをご覧あれ。

  • なごみ食堂
  • 洋食 松キッチン
  • カフェ すいもあまいも
  • 創業昭和長岡料理屋の味 原や
  • 魚厨房 蔵
  • 韓国家庭料理 サランバン
  • ラーメン のろし
  • インドレストラン ミラージュ
  • 麺香房 ぶしや
  • BADEN-BADEN
  • 吉乃川 SAKE Bar
  • マルマリ・カフェ

ここにいれば麺・ご飯・スイーツ・お酒まで堪能できちゃう。

こんなオシャレなフードコートで食事できるなんて。照明が花火モチーフになっていて、窓際は足をのばせるみたいです。うわあ素敵…。

すごいレストランが登場するらしい

ながおか花火館には本格的なダイニングレストランHIGH AMBITIONが登場するとのこと。レストラン監修は十日町市出身の村山シェフ。イタリアに渡り修行を積んだのち、東京目黒に「Restaurant L’asse」をオープンされているスゴイ方。

店内にはプロジェクションマッピングが映し出されている…とのことです。何もかも気になりますね。

■HIGH AMBITION(https://high-ambition.co.jp/

お酒好きのツボを突くお土産コーナー

お土産コーナーとして地場産販売スペース「越後長岡御貢屋」がオープンするようです。

  • 醸造蔵をイメージした御貢蔵(低温貯蔵庫)を設置
  • 市内16蔵の清酒が試飲できる
  • 好みの清酒をAIで判別

これを読む限り日本酒好きにはたまらない!ということしかわかりません(笑)

HPを確認すると「長岡花火どら焼き」というスイーツが紹介されていたりするので、長岡土産は手に入りそうな予感。

このほかに花火展示室の隣に「花火ミュージアムショップ」と書かれているので、花火関連のお土産が販売されるのでは?と予想しています。

■越後御貢屋(https://omitsugi.com/

ながおか花火館の場所は?

長岡花火館の見どころとは?フードコート

住所:〒940-2121 新潟県長岡市喜多町707番地

国道8号線(長岡バイバス)沿い「喜多東」交差点近く。近くに小嶋屋総本店、フレンドなどがあります。田んぼの開けた場所にドーンとあります。

(タクシー)長岡駅大手口から約20分。

(バス)長岡駅2番線から土日祝日のみ専用バス運行。

お問い合わせ先:0258-86-7766

オープンからしばらく混雑が予想されるので、平日や混雑する時間を避けて行かれた方がよさそうです。

ながおか花火館はすごい道の駅みたいです。全国から注目される大人気の観光施設になるのではないでしょうか。目が離せない長岡のスポットとなりそうなので楽しみです。

道の駅
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と暮らしてる主婦です。ライターの仕事をしています。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。新潟のこと、それ以外のこと(多め)を更新中。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS
タイトルとURLをコピーしました