【レビュー】窓に貼るだけカーテンいらず!ダイソーの「ガラス目かくしシート」を使ってみた!

わが家にはカーテンを付けるとすぐにカビが生える窓があり、カーテンの代わりになりそうなダイソーの目かくしシートを貼ってみました。

本来は食器棚やガラス戸のちょっとした目隠しに使うものだけど、今回はがっつり窓に貼ろうという試みです。

カーテンを使わずに目隠しする方法を探している方にも有効な内容です。

 

とりあえず選んでみたのが「タイル模様」。

他にもレース柄やステンドグラス柄なんて言う色々な模様が選べたけど、一番目隠しが出来そうな柄がこれでした。無難な雰囲気も決め手。

サイズは90×45㎝

我が家の窓なら横に3枚並べて1枚分。2枚の窓ガラスを全部埋めるには6枚の目かくしシートが必要でした。

スポンサーリンク

中が丸見えの窓ガラス

こちらが問題の洗濯を干す部屋。

窓ガラスには結露と寒さ対策のためのプチプチを貼ってあります。

それなら中は見えないんじゃ?と思いきや、外から確認すると洗濯物がはっきりと見えるんですよ、これが。

今回はプチプチの上に目かくしシートを貼り付けちゃおうという作戦。

一応手前には遮光カーテンがあるので、夜はここを閉め切っています。閉めないと外から丸見えなんですよね。

スポンサーリンク

横に貼るとぴったりサイズ

プチプチの上なので分かりにくいけれど、長方形になっているシートを横にすると幅がぴったり。何も切ることもなくどんどん貼っていきます。

タイル模様はこんな感じ

上半分が目かくしシートで下半分がプチプチだけ。

あまり変わらないかも?と不安だったけど、結構カバーされている。

外から確認

ほどほどに部屋の中は見えなくなりました!

ただ、夜は電気の灯りが漏れるので、きっと窓の近くを歩けば人影が映ります。

完全に中を見えなくするには遮光カーテンを付けないといけません。

でも、ある程度の光を中に取り入れたい場所にはこのシートがほど良いかも。

小さな小窓や、とりあえず目隠ししたい時に有効なアイテムです。

断熱効果もあるので、それを狙うのもおすすめ。

スポンサーリンク

かかった費用

6枚×100円=600円+税です。

ダイソーならではのお手軽感はやはりやめられません!

ただ、プチプチの上に今回は貼っているので、プチプチ代は別途かかっています。

使うときの注意

このシートは簡単にはがす事も出来ますが、賃貸で壁紙に直接貼り付けるのには注意が必要です。時間の経過につれ、のりが壁紙に貼り付いてしまうということもあるので、壁にも貼る場合はマスキングテープを貼ってからその上に貼るのをおすすめします。
窓ガラスでものりが劣化をすると剥がした跡が残ることもあるので、十分注意をしてください。

UVカット率99%のシート

目隠しシートでこんなにできることがあります。

  • 紫外線99%カット
  • 家具の日焼け防止
  • 窓ガラスの飛散防止
  • プライバシー保護

唯一防げないのは日光の遮断のみ。

効果的に光を取り入れるのに役立ちます。

スポンサーリンク

まとめ:カーテンの代わりまではいかないけど目隠しにはなる

「タイル柄」のような模様が細かいものなら、カーテンがつけにくい窓も目隠しができます。

ただし、付けっぱなしにするとのりが残ってしまうので、定期的に貼り換えた方がいいです。

▼ダイソーグッズの人気記事

【レビュー】使える!100均フィルター2種|レンジフード・エアコン編
これは使える!100均フィルター2種をご紹介します!キッチンのレンジフードとエアコンのフィルター汚れをサ...

ラー子でした!

スポンサーリンク
主婦ブログ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS