スポンサーリンク

原信の焼肉のたれがうまい!「スタミナ源たれ」を使ってチキンソテー

私(ラー子)が言う「原信のたれ」とはこの「スタミナ源たれ」のこと。

「見たことある」もしくは「使ってるよ」という方も多いかと思うのは、原信のロングセラー商品であるからです。

…しかし、私が知ったのはつい最近。それは先月親戚たちとバーベキューをした時のこと。焼けた肉とともに叔母さんが「このたれをつけて!絶対美味しいから!」と強くおすすめされました。

日ごろから色々とおすすめしてくれる叔母さんですが、いつもよりも口調が強め。それもそのはず「あんまり美味しいから取寄せてたんだ。それがいつの間にか原信のブランドに変わってたから助かってる。」とかなり本気の口コミを教えてくれまして。

今の話を整理すると、叔母さんが最初に出会ったのはかなり昔。「スタミナ源のたれ」というものを誰かにもらってそれ以来、美味しさのあまり取寄せて食べていた。

でもいつの間にか原信のプライベートブランドである「アクシアル」から販売されるようになりいつでも原信で買えるようになってヤッター!と思ったという話。(ヤッターとは言っていないけど)

スポンサーリンク

「スタミナ源たれ」は青森のりんごがたっぷり!

焼肉店でバイト経験がある私ですが、美味しいと思う焼肉のたれにはたいていりんごがどっさり入っている。このたれの原材料を見れば「りんご」の文字を発見。そしてりんごの名産地である青森県の文字。

調べてみるとこの「スタミナ源たれ」は、まさに青森県産のりんごとにんにくが詰まっているらしい。これは美味しいに決まっている…!

原信ではプライベートブランドとして販売されていますが、直接購入することも可能。しかも「甘口」や「辛口」などの色んなバリエーションから選べるようでかなり気になっています。

焼肉のたれ「スタミナ源たれ」

鶏肉につけ込んで焼いてみました

焼肉のたれは、焼いた肉につけるだけなんてもったいない。肉に漬けて焼いてしまおうと考え、ちょうどあった鶏もも肉でチキンソテーを作ってみることにしました。

1.30分ほど漬けてから焼く

皮の方から焼くようにします。鶏の脂がかなり出るのでそのまま焼いてください。火はやや強め。

2.焼き目がついたらひっくり返す

こんがり焼けたらひっくり返して弱火~中火に焦げない程度の火加減に設定。

3.蒸し焼きにする

(このフライパンのふたがないのでアルミホイルで代用…)

そのままふたをして中まで火を通します。

4.仕上げに原信のたれ!

火が通ったら最後にもう一度たれを回し入れて完成!

薄そうに見えますが…食べてみるとしっかりと味がついていてうまーい!にんにくが入っているけど「くさ~い」とは思わないんです。むしろフルーティーさを感じるたれですね、このスタミナ源たれは。

りんごは肉を柔らかくする効果を持つので、とっても柔らか~く焼き上がります。

お弁当のおかずにも作り置きにも使えます。(茶色い弁当ですね)

冷凍保存できる袋に入れれば、たれを入れた状態のまま冷凍できるかと思います。

バーベキューや焼肉をする際には原信に立ち寄ってみてください。名前は「スタミナ源たれ」です…!

情報

■商品名称:スタミナ源たれ、アクシアルスタミナ源たれ
■HP:焼肉のたれ「スタミナ源たれ」

ラー子でした!

スポンサーリンク
簡単レシピ
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

新潟県に生まれ、夫と子供と住む普通の主婦です。美味しいもの、手作り、マラソンが好き。普段の生活の上で気が付いた事をご紹介しています。カメラはiPhoneXで撮影しています。

ラー子をフォローする
新潟LIFE with KIDS